画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米IBMは8月23日(現地時間)、仮想マシン(VM)やアプリケーションの管理者が使用することを念頭に設計されデータ復旧を簡素化する新しいデータ保護ソフトウェア「IBM Spectrum Protect Plus」を発表した。2017年第4四半期に提供開始する予定。

IBM Spectrum Protect Plusは、仮想環境向けとIBM Spectrum Protectソフトウェアの統合機能の2つの提供形態がある。ハイブリッド・クラウド環境に対応し、オンプレミスのバックエンド・ストレージからパブリック・クラウドやプライベート・クラウドにデータを移動できる。

IBM Spectrum Protect Plusでは、迅速なバックアップ/復旧/データ管理を行うため、スナップショット・テクノロジーにより、データの可用性を高め、DevOpsワークフローの支援/自動化を推進するためのデータ・クローン機能、バックアップ状況の提供やデータ保管に関するコンプライアンスを遵守するために、自動化されたサービス・レベル・アグリーメント(SLA)に基づくデータの保護/監視機能も備えている。

IBM Storage and Software Defined Infrastructureのゼネラル・マネージャーであるエド・ウォルシュ氏は、「可用性がなければ、データはほとんど法律上の義務以上の意味を持ちません。IBM Spectrum Protect Plusは、容易な設定、管理、復旧を目指して設計されました。つまり、利用者にとって必要なデータの制御と管理に注目しています。その結果、単一のプラットフォームによる、容易なバックアップ管理が実現できました。これは、VM中心のデータのバックアップ、アーカイブ、保管では特に重要です」 と述べている。