北朝鮮の北侵核戦争演習反対全民族非常対策委員会のスポークスマンは24日、米軍首脳部3人が訪韓したことをめぐり、「戦争狂気をいっそう鼓吹している」と非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米韓軍は21日から合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」を実施している。演習にあわせて、米軍のハリス太平洋軍司令官、ジョン・ハイテン戦略軍司令官、グリーブス・ミサイル防衛局長らが、訪韓した。

談話は、「米軍部頭目らの今回の南朝鮮訪問が、北侵核戦争シナリオを現地で最終的に確認し、かいらいをあおり立てて実践に移すための侵略戦争訪問であることをはっきり示している」と指摘した。

また、「南朝鮮を訪問した米軍部首かいらを火の中に飛び込む火取り虫としか見なさない」と強調した。

さらに、「われわれは、間抜けな米国の対策のない狂気によって最悪の爆発ラインへ突っ走っている現情勢を絶対に袖手傍観せず、より強力な超強硬措置で対応していくであろう」と主張した。