▽ヴィッセル神戸は25日、青森山田高校のMF郷家友太(18)の2018シーズンからの加入内定を発表した。

▽今年6月に開催されていたU-18リスボン国際トーナメントに日本代表として参加していた郷家。クラブは「技術とサッカーセンスを高いレベルで兼ね備え、ミスの少ない安定したプレーが特徴。中盤からタイミングよく飛び出していき得点する力も高い。また、ロングスローでのチャンスメイクもできる万能型MF」と評している。

▽発表同日、郷家の加入内定記者会見が青森山田高校で行われ、同選手は以下のように加入の喜びをコメントしている。

「来シーズンより加入させていただくことになりました、青森山田高校の郷家友太です。プロとしてのキャリアをヴィッセル神戸という素晴らしいクラブで始められることを大変嬉しく、誇りに思います。これまで出会い、支えてくださった指導者、仲間、そして家族、すべての方々に感謝しています。1日でも早くヴィッセル神戸のユニホームを着て、勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」