イノベーションを生む英国の孤島 マン島で進む地方活性化施策

写真拡大

欧米諸国の大半では「クラスター」と呼ばれる地域が経済政策の重要な一端を担っている。クラスターとは、特定産業のスタートアップ育成に適した環境を整備した地域のことで、こうした地域を設定することでその産業の規模拡大につなげることが狙いだ。

数年前に国際会計事務所KPMGが発表した報告書では、英国の主要クラスターは経済が栄える南西部に集中している事実が判明した。こうした一極集中状態の緩和に取り組む地域の一つに、マン島がある。

アイルランド海に浮かぶ人口8万5千人のマン島は、従来からの金融分野での成功と、最近のインターネット賭博分野での成功を基盤に、多くのハイテク産業クラスターの開発と島経済の多様化を試みている。

テック系エコシステムの構築

マン島政府の経済開発局は昨年、5千万ポンド(約70億円)を投じる企業開発計画を立ち上げたほか、地元企業に計450万ポンド(約6億3000万円)以上を投資した。この取り組みの注力分野は次の通りだ。

・通信

地元通信企業のマンクス・テレコム(Manx Telecom)は2016年、新技術の開発を支援するインキュベーター(起業支援事業)のバニン・ベンチャーズ(Vannin Ventures)を設立。同社幹部らに先日話を聞いたところ、マン島のコミュニティーは比較的小規模で独立しており、新たな手法や技術を試すのに完璧なのだという。

・メディア

アイル・オブ・メディア(Isle of Media)は、島の放送・デジタルメディア経済支援のため設立された官民協働事業だ。マン島に拠点を構えるメディア企業は、政府支援のメディア資金を活用できる。また、島ではメディアベンチャーのためのクラウドファンディング(ネットを通じた小口資金調達)プラットフォーム構築を進めている。

・医療技術

マン島ではマンクス・バイオメッド・クラスター(Manx BioMed Cluster)を通し、新興バイオ技術産業の拡大を試みている。

同クラスターには現在、機器メーカーをはじめ、コンプライアンス(法令順守)やデータ収集を扱う企業など、さまざまな業種の11社が所属。4年前に形成されてから、前年比で約13%の成長を達成してきた。

・インターネット産業

マン島で最も発達したクラスターは、間違いなくインターネット産業だろう。マン島経済の約30%を構成し、そのうちネット賭博が約20%を占める。ネット賭博業界を中心に、優れた通信ネットワークやデータセンターのネットワークなどのインフラが発達し、ブロックチェーン技術(特にビットコイン)などの分野への進出を促進してきた。

こうしたプロジェクトの多くは現在ごく初期段階にあり、マン島経済の成長と多様化にどれほど貢献するかを測るのは困難だ。しかし、多数のプロジェクト関係者に話を聞く中で見えてきた共通点として、物事の進めやすさがあった。マン島では基本的に自治が認められ、小規模でもあり、英国本土の多くの場所に比べて政府との連携が容易なのだという。

相互補完的な企業

マン島が標的とする各部門は、クラスター内外を問わず相互補完的なことも特徴だ。成功するクラスターを研究した近年のある調査では、競合しない複数部門にまたがるクラスターが最も強力で優れていると指摘されている。

マン島は圧巻の34年連続経済成長を達成し、テック部門の成長率は昨年8%を記録。現在200社を超えるテック系企業を抱えている。

マン島経済開発局のブライアン・ドネガンは先日筆者に対し、同島がスタートアップ企業に対し他には負けない環境を提供し続けており、特に発展著しいテクノロジー産業の企業や、同産業でのキャリアを求める個人の誘致に力を入れていると語った。

「経済開発局はテック部門の成長、ICTポジション採用プロセスの迅速化と円滑化、未来のリーダー層のICTスキル開発を通じたスキル不足改善のため、日々取り組みを進めている」

成長とイノベーションを目指していない地域などなかなかないが、こうした戦略がマン島ほど成功を収めている場所はさらに少ないだろう。今後もマン島の物語を追い、島の取り組みがどれほど成功するかを見届けるのが楽しみだ。