アーセナル、チェンバレンに延長オファー提示…拒否なら今夏退団か

写真拡大

 アーセナルは、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンに新しい契約延長オファーを提示したようだ。24日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 アーセナルとの契約が2018年6月までとなっているチェンバレン。アーセナルは同選手の退団を望んでおらず、同クラブは同選手に週給1万8000ポンド(約252万円)の契約延長オファーを提示した模様。

 同クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は「私は彼に残ってもらいクラブの未来の一部になってほしいと思っている。クラブのために全力を尽くしてほしいね。私はベストプレイヤー達を残したいよ。我々はチェンバレンのように若い時に獲得をし、時間をかけて自信などを与える投資をしてきた。私にとって彼らのように、将来イングランドのベスト選手の一人になるであろう選手は、このクラブの未来を背負う責任があると思うね」と同選手の残留を望んでいることを明かしている。

 しかし、チェンバレンは延長オファーを拒否する可能性が高いようだ。同選手が、拒否するのはお金ではなく、自身のキャリアを前進させたいという思いがあることが要因だという。

 そんなチェンバレンに対しては、チェルシーが関心を寄せていることが明らかになっている。同選手が延長オファーを拒否すれば、来夏フリーでの退団となる。そのため、アーセナルは今夏の売却を決断せざるを得ない可能性もあるようだ。移籍市場閉幕が近づく中、去就に注目が集まる。