安倍首相と電話会談を行う文大統領(青瓦台提供)=25日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍晋三首相は25日午前、電話会談を行い、北朝鮮の核・ミサイル問題について、強力な制裁と圧力を加え続ける一方、最終的には対話と平和的な方法で同問題の解決を図ることで一致した。

 両首脳が電話会談を行うのは4回目。会談は約30分間行われた。

 韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官によると、両首脳は北朝鮮の核・ミサイル問題を巡る状況を綿密に注視・分析し、完全放棄に向けて両国、また米国を交えた3カ国の緊密な連携を基に国際社会と協力することで一致。北朝鮮との対話に向けた「正しい条件」について緊密に協議していくことにした。

 日本による植民地時代の朝鮮半島出身者の強制徴用問題にも触れ、歴史問題もしっかり管理しながら、両国関係を未来志向の成熟したパートナー関係に発展させることでも一致した。

 また、政府間の努力だけでなく、超党派の韓日・日韓議員連盟など、さまざまな窓口を通じた努力も両国関係の発展に貢献するとして、こうした活動の支援に最善を尽くすことにした。

 その上で、9月にロシア・ウラジオストクで会談し、「有益な会話」を交わすことに期待を示した。文大統領は9月6〜7日に同地で開催される「東方経済フォーラム」に出席する予定で、朴報道官は「この期間中の韓日首脳会談を調整中であり、電話会談では互いに首脳会談の開催を望むとした」と説明した。