ケイティ・ペリー、カルヴィン・ハリスとの和解を語る

写真拡大

ケイティ・ペリーは、現在ヒット中のカルヴィン・ハリスのシングル「Feels」に参加することで、カルヴィンとの6年に渡る不和に終止符を打ったそうだ。

◆「Feels」ミュージックビデオ

ケイティとカルヴィンは、2011年、ケイティのツアーに参加するはずだったカルヴィンがドタキャンしたのがきっかけで不仲となり、Twitterを通じやり合った。その後、カルヴィンの当時の彼女テイラー・スウィフトとケイティが衝突し、当然、カルヴィンはテイラー側についたため、2人の関係はますます悪化した。

しかし、今年初めパーティーで偶然会ったとき、カルヴィンから話しかけられたそうだ。『On Air With Ryan Seacrest』に出演したケイティはこう明かした。「私たち、あちこちでちょっとしたケンカをしてきたわ。Twitterで公然と言い合ったこともあった。(でも)水に流すときがきたのよ。偶然会ったとき、彼から“君がチェックすべき曲がある”って言われたの。“クール”って思ったわ。私たちずっと、コラボすべきだって思ってたんだもの。それでスタジオへ行ったら、彼、未完成だったけど、カッコいいニュー・アルバムを聴かせてくれた」

「「Feels」を聴いたときは“オー、イエス”って思ったわ。アルバムの中で1番好きな曲だった。やりたいって思った。彼とは何年も何年も前からコラボしたいって思ってた」

「Feels」にはビッグ・ショーンも参加し、全英1位を獲得した。

ケイティは日曜日(8月27日)、<MTVビデオ・ミュージック・アワーズ>で司会を務め、パフォーマンスも行なう。同アワーズには、カルヴィンに続き、彼女が仲直りしたいと公言しているテイラーの出演も噂されている。

Ako Suzuki