学生の窓口編集部

写真拡大 (全2枚)

日本で大学に入学するには、高等学校卒業や「高等学校卒業程度認定試験」(旧大検)に合格する、といった資格を有した上で、各大学の入学試験に合格しなければなりません。では、現在の大学入試にはどのような種類があるのでしょうか。今回は、大学入試について解説します。


■大学入試の仕組みはそれぞれの大学で違う

【精神年齢診断】 高い? 低い? あなたの内面をテストしてみよう

大学入試のパターンは、まず国公立大学と私立大学のどちらを受験するかで分けられます。国公立大学への入学を希望する場合、受験生はまず「センター試験」を受験し、その後「個別能力検査(二次試験)」として「前期日程」「中期日程」「後期日程」という個別試験を受けることになります。つまり2段階の選抜方式です。

一方、私立大学に入学するには、各大学が実施する「一般入試」があり、合格すれば受験した大学への入学が可能です。また、センター試験の結果を用いて合否判定を行う「センター試験利用入試」と呼ばれる制度もあります。この場合にも、センター試験を合否判定に使う場合と、センター試験と個別試験の結果を総合して合否を判定する場合があります。

それ以外にも、推薦入試、AO入試という制度を取り入れている大学もあります。これらの入試は、国公立、私立どちらでも実施している大学があります。

●センター試験の仕組み

正式には「大学入試センター試験」といいます。国公立大学志望者は原則として受験する必要があり、大学入試の中心的な試験といえるでしょう。6教科30科目が出題され、受験生はその中から受験を希望する教科・科目を選択します。2018年度のセンター試験は1月に実施され、全問マークシートで出題されます。

試験の翌日には新聞等で解答・配点が公表されます。受験生は自己採点を行い、実際に志望する大学に願書を提出します。センター試験の結果だけでは、国公立大学に入学できません。次の「個別学力検査(二次試験)」を受験する必要があります。

●個別学力検査(二次試験)の仕組み

センター試験を受験し、実際に志願する大学に願書を提出した後に受験する「二次試験」です。国公立大学では、センター試験とこの「個別学力検査(二次試験)」の結果により合否判定を行います。

この試験は、国公立大学において「分離・分割方式」という制度で実施される試験で、いわゆる「前期」、「後期」というものです。一つの大学の学部(学科)で定めた定員を「前期日程」、「後期日程」に振り分け、それぞれの日程に実施した試験から合格者を選抜します。

例えば全体で定員100人の大学で、前期50人、後期50人と定めるとします。そして前期日程で受験した学生から50人、後期日程で受験した学生から50人を合格とするわけです。

受験生は、一つの大学を2回受験することも、各日程で別の大学を受けることもできます。また、一部の公立大学(日本全国で14校)では「中期日程」の試験を実施しており、最大で3校の国公立大学を受験できます。

このシステムで重要なのは、前期日程で受験した大学に合格し、その大学に入学手続きをした場合、それ以降の中期・後期で出願した大学の合格対象からは外されるということです。このため、第一志望の大学は前期日程で受験し、合格した場合には他の大学は受験しない、というのが一般的です。

実際のところ、定員の配分は前期日程の合格者が8割近くを占めるように設定されており、実質的には前期日程を中心に募集しているということになります。

個別学力検査(二次試験)の定員をどのように分割するかは大学によって異なり、前期日程のみで募集を行うような大学もありますので、受験したい大学の試験の日程はしっかり調べておきましょう。

試験の内容でいうと、前期日程は主に2-4教科での学科試験、後期日程では大学によって異なりますが、教科数が少なくなったり、総合問題、小論文、面接を課すようなケースがあります。

●私立大学一般入試の仕組み

各私立大学が独自に実施する入学試験です。入試日程をはじめ、試験の内容も大学が自由に設定します。とはいえ、多くの大学ではセンター試験が終わる1月下旬から2月中旬に実施しています。このパターンでの進学を検討しているのであれば、センター試験を受験する必要はありません。

●センター試験利用入試の仕組み

「センター利用」という言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。正式名称は「センター試験利用入試」といって、私立大学の入試システムの一つです。受験生はセンター試験を受験し、各私立大学にセンター試験利用入試を出願します。大学では、出願者が受験したセンター試験の結果を大学入試センターに問い合わせ、その結果をもって合否を判定します。センター試験の結果のみでの判定ではなく、併せて個別の試験を実施する大学もあるので、出願する大学がどちらのシステムなのか確認しておきましょう。

受験生にとってのメリットは、センター試験を受験するだけで複数の大学、短期大学に出願できるということです。特に国公立大学の志願者が私立大学を併願しやすくなり、合格のチャンスが増えることになります。

一方デメリットは、出願のしやすさからくる競争率の上昇です。加えて一般入試に比べて募集定員も少なくなりますので、倍率が高くなります。

注意点としては、志望校が指定している科目をセンター試験で受けなければいけないということです。一度のセンター試験の結果を複数の大学に利用できる便利な制度ですが、受験する科目には気をつけましょう。

●推薦入試の仕組み

高校からの推薦書によって合格者を決定する制度で、以前は私立大学のみで実施されていたのですが、近年になって多くの国公立大学でも実施されるようになりました。

試験内容は大学によって異なりますが、書類審査、面接、小論文などで実施されることがほとんどです。一般入試との比較では、より面接を重視する傾向があります。また、部活や生徒会活動など、学力以外での学校生活内容も評価対象となります。

●AO入試の仕組み

正確には「アドミッションズ・オフィス入試」といいます。一度の学力試験の結果で合否を決めるのではなく、大学が求める学生像(アドミッション・ポリシー)と出願者の人物像を照らし合わせて合否判定をします。日本では私立大学から導入されましたが、国公立大学でも取り入れる大学が増えています。

選考方法は大学によってさまざまですが、最も多いのは「書類審査と面接」という組み合わせです。小論文や内申書、志望理由書などが求められることもあります。

この入試では、その時点での成績や学力が基準に満たないとしても、大学側に認められれば入学のチャンスがあるというのが最大のメリットと言えるでしょう。ただし、その場合は入学後にかなりの努力が必要になってきます。

「この大学に入って〇〇を学びたい」というように、目的意識をしっかり持っている人に適した試験方法だといえるでしょう。

大学入試の仕組みについて解説しましたがいかがでしたか? 一口に大学入試といっても、さまざまな制度があることがわかります。自分が受ける大学がどのような試験を実施しているのか、どのように受験するのが的確なのか、しっかり調べておきましょう。

(藤野晶@dcp)