新アプリ「歯みがき」

写真拡大 (全3枚)

 シャープとサンスターグループオーラルケアカンパニーは8月31日、モバイル型ロボット「ロボホン」とスマートハブラシ「G・U・M PLAY(ガム・プレイ)」が連動する新アプリの配信を開始する。ロボホンが正しい歯のみがき方をレクチャーし、ロボホンと一緒に歯みがきタイムを楽しむことができる。

 新アプリ「歯みがき」には、「レクチャーモード」「ゲームモード」「演奏モード」「音楽モード」の4つのモードが用意される。

 「レクチャーモード」では、ロボホンが、ハブラシの持ち方、動かし方などをガイドする。「ゲームモード」は、ロボホンと協力してバイキンを退治するというモード。ゲーム感覚で飽きずに歯みがきを続けることができる。「演奏モード」では、歯ブラシの動きにあわせてロボホンが楽器を演奏。「音楽モード」ではロボホンがDJになり、好きな曲を聴きながら歯みがきができる。

 歯みがきの日時や回数などのログデータは自動的にロボホンに記録されるため、そのデータをもとに、歯みがきを促したりすることも可能だ。

 アプリの配信により、シャープは「コミュニケーションロボットが生活習慣をサポートし、人の役に立つこと」、サンスターは「歯みがきを楽しく正しくすることで、歯みがき習慣を改善すること」を目指す。 《リセマム 藍葉るらき》