様々なクリエイターのインスピレーションと共に「SANYO海物語」のメインキャラクターであるマリンちゃんの新しい可能性に挑む事をコンセプトにした「アイマリンプロジェクト」。

これまでリリースしたミュージックビデオは全て200万回再生を突破、2次創作動画投稿も世界中から集まり、関連動画の総再生回数はなんと3,100万回(2017年8月時点)を突破しているという、大注目プロジェクトだ。

4月29日(土)ニコニコ超会議2017で行われた制作発表でも大きな話題を生み、7月17日(海の日)に公開されたアイマリンプロジェクト第四弾『DEEP BLUE TOWNへおいでよ』前編のミュージックビデオは、公開からわずか1か月で合計200万再生を突破。後編の公開が待ち望まれていたが、本日8月25日(金)、ついにその後編が公開となった。

前編ではDEEP BLUE TOWNで暮らすアイマリン達の日常が描かれ、のど自慢大会で主人公のアイマリン(CV:内田彩)ウェンディ(CV:内田真礼)ウーニィ(CV:佐倉綾音)の3人が『DEEP BLUE TOWNへおいでよ』の楽曲をキュートな振付と共に披露した。後半、街に「謎の異変」が起こり、アイマリンが原因を突き止めにいく。この度公開された後編では、その続きの物語が新曲『DEEP BLUE SONG』と共に描かれている。

後編もアニメーション制作は新進気鋭のスタジオ「REVOROOT(レヴォルト)」が、そして楽曲制作は利根川貴之と坂和也ら「Wicky.Recordings」の面々が担当。MVの公開に合わせて楽曲『DEEP BLUE SONG』もanimelo mixなどで同8月25日より配信が開始されているほか、他サイトでも続々と配信が予定されている。200万再生を超えた前編とともに、新しいミュージックビデオの形としてこのMV後編にも大注目だ。

(C)SANYO BUSSAN CO.,LTD.