米ラスベガスのMGMグランドホテルアンドカジノ内にあるKAシアターで記者会見に臨むボクシングのフロイド・メイウェザー・ジュニア(2017年8月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】26日に総合格闘技大会「UFC(Ultimate Fighting Championship)」のスター選手、コナー・マクレガー(Conor McGregor、アイルランド)と対戦するボクシングの元世界王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、米国)が24日未明、米ラスベガス(Las Vegas)のストリップクラブに出没していたことが明らかになった。

 米紙USAトゥデー(USA Today)によると、現地時間午前3時30分(日本時間24日午後7時30分)ごろ、メイウェザーはロールスロイス(Rolls Royce)に乗って自身が所有するストリップクラブ「Girl Collection」に姿を現したという。

 同紙の報道によれば、居合わせた客にあいさつをした後、ダンサー4人とVIPルームに入っていったメイウェザーは、夜に外出してもTモバイル・アリーナ(T-Mobile Arena)で行われる26日の一戦に影響はないと主張しており、「誰も俺を倒せない」と語ったという。

 2015年に1度現役を引退したメイウェザーは、49戦無敗と他を寄せ付けない成績を誇っており、マクレガーとのファイトでも圧倒的有利と目されている。
【翻訳編集】AFPBB News