交通部観光局提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 25日 中央社)北部・桃園から中部・台中までつながる「客家ロマンチック街道」をPRしようと、京浜急行電鉄羽田空港国際線ターミナル駅に大型パネルが設置された。24日に行われた除幕式に出席した周永暉交通部観光局長は、日本の人々に客家の地域を訪れてもらえればと来訪を呼び掛けた。

客家ロマンチック街道は、台湾西部を南北に走る省道台3線をロマンあふれる道路にする政府主導のプロジェクト。同線は客家が多く居住する16の地域を通っており、生活や文化、生態、産業、観光など多方面で盛り上げることで、国際化を目指している。

(編集:名切千絵)