ラドバンスカが準決勝に進出、次はガブリロワと初対戦 [コネチカット・オープン]

写真拡大

 アメリカ・コネチカット州ニューヘブンで開催されている「コネチカット・オープン」(WTAプレミア/8月21〜27日/賞金総額77万6000ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第1シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)が第8シードのペン・シューアイ(中国)を7-5 6-3で倒し、準決勝に駒を進めた。

「彼女は間違いなく厳しい対戦相手よ」とラドバンスカは言った。「彼女とは以前にも何度か対戦したことがあるから、何をすべきかはわかっていた。私は今日、本当に100%以上の力を振り絞って戦ったわ」。

 今季初、キャリアでは21番目となるタイトルを目指して戦っているラドバンスカは、準決勝でダリア・ガブリロワ(オーストラリア)と対戦する。ふたりはこれまで一度も対戦したことがない。

「初めての誰かと対戦する、というのは、非常に難しく骨が折れるものよ。でも、何年にもわたってツアーで同じ選手と対戦してきたあとだけに、とてもエキサイティングなことでもある」とラドバンスカは言った。「だから結局のところ、それはとても素敵なことだわ」。

 ガブリロバはキルステン・フリプケンス(ベルギー)を6-2 6-4で倒した。

「プレー・プランはアグレッシブに戦う、というものだった。彼女は非常に難しいプレーヤーよ」とガブリロワは言った。「今現在、感触はかなりいいわ。大会の進み具合をすごくうれしく思っている」。

 第2シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)、エリーゼ・メルテンス(ベルギー)もまたベスト4に進出した。チブルコバは第6シードのアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)を7-5 6-4で下した。一方メルテンスは、ジャン・シューアイ(中国)が右腕の故障で棄権したため、戦わずして勝ち上がった。

 チブルコバは、第2セットでいきなり5-0とリードしたが、パブリウチェンコワを退けるのに、さらに5ゲームを必要とした。

「最後、彼女は、状況を私にとってすごく厳しいものにしてくれたわ」とチブルコバは言った。「私は第2セットを通し、とてもいいプレーをしていたけれど、それから彼女がそれ以上にいいプレーを始めたのよ。私は4つのマッチポイントを手にしたけれど、彼女はそのたびにエースを打ち込んできて、私はそれに対しほとんどどうすることもできなかった。でも私はただただ戦い続け、『このポイントは私のものになるわ』と自分に言い聞かせていたの」。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「コネチカット・オープン」のシングルス準々決勝を勝ち上がった第1シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)(写真◎Getty Images)
Photo: NEW HAVEN, CT - AUGUST 24: Agnieszka Radwanska of Poland returns a shot to Shuai Peng of China during their match on Day 7 of the Connecticut Open at Connecticut Tennis Center at Yale on August 24, 2017 in New Haven, Connecticut. (Photo by Maddie Meyer/Getty Images)