マイクロソフト社の創設者であり、世界有数の大富豪であるビル・ゲイツ氏。

そんな彼が、ライバル企業でもあるアップル社の製品を買うとしたら、何を選ぶのでしょうか。

その質問と答をご覧ください。

 

Take it easy there Bill

[画像を見る]
画像はとあるtwitterのやりとり。

質問者:「現在のあなたの口座の残高を考えると、いったいどのアップル製品を購入することができますか?」

ビル・ゲイツ:「アップル」

!!

さすがビル・ゲイツ氏。

会社そのものとは言うことが大きい!

実はこちらジョークネタとして出回ったものなのですが、ビル・ゲイツ氏なら言っても不思議はないと、多くの人が信じたようです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●実際は、アップルの市場価値はビル・ゲイツの資産の10倍はあるけどね。

↑ジョークだしね。オーバーに言うのがジョークの基本。

●グラニー・スミス(リンゴの品種)。

↑ハニークリスプ。

↑特許のある品種のリンゴを買おう。

↑ハニークリスプの木なら地元の店で30ドルくらいで買えるよ。

↑ハニークリスプはめちゃくちゃうまい。

↑フジが好き。

↑安いのが好き。

●自分でも数ダースくらいのアップルの株なら買えると思う。

↑アップル株は1株あたり160ドルの価値があるので、数ダース買うのに少なくとも5700ドル(約60万円)必要。

●みんな、これはジョークだぜ……。

●自分だって残高でアップル(リンゴ)は買える。

●自分ならリンゴ1個とiPod shuffleしか買えないな。

↑自分はiPhoneの新機種を買うよ……今から10年後に。

↑その頃にはeBayでたたき売りされているね。

●そうなったらアップルファンが怒るだろうな。

●ビル・ゲイツ氏の資産はアップルの10%しかないけど事実上アップルを買えるよ。まず9兆円を投げ打って10%を保有する。それだけで大株主となる。そして彼の専門知識と多くの大富豪の友人を活用すれば簡単に25%くらいはコントロールできる。
大きな立場と専門知識があるので、彼の提案は聞いてもらえると思う。だからビル・ゲイツ氏が明日アップルが欲しいと思えば、手に入るね。


本当にそう答えたわけではないそうですが、普通なら荒唐無稽な冗談がリアリティを持つあたりが、ビル・ゲイツ氏の偉大なところですね。

どちらにしても、アップルファンの心をちょっとかき乱したのは間違いないようです。

【ビル・ゲイツに質問「いったいどのアップル製品を購入する?」回答は…】を全て見る