中村俊輔が愛する「聖地」 偉大な守護神ブッフォンも「もう一度」とプレー切望

写真拡大

ユベントスの伊代表GKブッフォン、もう一度プレーしたいスタジアムについて言及

 元日本代表のジュビロ磐田MF中村俊輔は、愛するそのスタジアムを「聖地」と呼ぶ。

 2005年から09年まで活躍したセルティックの本拠地「セルティック・パーク」は、熱心な6万人近いサポーターが毎試合押し寄せる。ディレクターボックスの最高の座席にはロックスターのロッド・スチュワートのシートがある。暖かい握手と勇壮なチャントでスタジアム一体となり、「パラダイス(楽園)」の異名で知られるスタジアムは試合毎に最高の盛り上がりを見せる。

 セルティック・パークの荘厳な雰囲気をもう一度味わいたいと願うのは日本が誇るファンタジスタだけではない。ユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンもまたその一人だ。英地元紙「デイリー・レコード」が報じている。

「チャンピオンズリーグでプレーすることは、ヨーロッパで最高のエキサイティングなスタジアムを経験できるということなんだ。若ければ、当たり前と思うかもしれない。これから先にまだまだ経験ができると思うだろうからね。でも、年齢を重ねるごとに、もうあの経験はできないかもしれないと感じるようになるんだよ」

 39歳の史上最高の守護神はこう語ったという。昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリードに惜敗し、キャリア初のビッグイヤー獲得を逃したブッフォンにはもう一度プレーしたいと願うスタジアムが存在する。

現役最後の今季に「衝撃的な雰囲気」を望む

「自分自身をベルナベウとカンプ・ノウでもう一度試したいと願う。オールド・トラッフォードでの特別な試合もそうだ。セルティック・パークでの衝撃的な雰囲気も経験したいんだよ」

 昨季のCL決勝で敗れたレアル・マドリード、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドという世界屈指の名門の由緒正しき本拠地とともに、ブッフォンが名前を挙げたのはセルティックの本拠地だった。

 ブッフォンは2001年シーズンのCLグループステージ、そして2013年のCL16強でセルティックと対戦経験を持つ。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)でイタリア代表の一員として優勝し、栄冠に彩られたキャリアを過ごしてきたブッフォンは2018年ロシアW杯を最後に現役から退くと公言している。

 今季のCLがセルティック・パークを選手として味わう最後のチャンスになることが濃厚だ。

「もう一度あの経験を味わいたいんだ。でも、現実には叶わないかもしれないね」

 ブッフォンはこう話したという。フットボール史上最も偉大な守護神をも魅了するセルティック・パーク。イタリアの絶対王者とセルティックはブッフォンの願い通りに対戦できるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】スコットランドリーグ公式YouTubeチャンネルが公開、「中村俊輔、セルティック時代のスーパープレー集」

https://www.youtube.com/watch?v=phq1Q0hVg5o

スコットランドリーグ公式YouTubeチャンネルが公開、「中村俊輔、セルティック時代のスーパープレー集」