マツダの小型セダン/ハッチバックであるアクセラが商品改良、2017年9月21日から発売されることが発表されました。

セダンとハッチバックと2種類のボディに、1.5/2.2リッタークリーンディーゼルや1.5リッターガソリンエンジン、そして2.0リッターガソリンハイブリッドも用意するアクセラ。今回の商品改良では、「先進安全装備の充実と標準装備化」、「ディーゼル搭載グレードの拡大」、「イメージカラーの刷新」を図っています。

具体的に、先進安全装備としては、、車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト(ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)またはアダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)のいずれか)」、そしてドライバーの死角になりやすい車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」を全車に標準装備します。

さらに、新型アクセラでは、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初採用するのもニュースです。

過去の商品改良によってハッチバックボディのアクセラスポーツだけに追加された1.5リッターのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」は、今回セダンモデルに新設定されます。追加されるのは「15XD」、「15XD PROACTIVE」、「15XD L Package」の3グレードとなります。

また、本革シートや運転席パワーシートなどを標準装備した「L Package」を、1.5リッターガソリンエンジン車にも追加。「セダン 15S L Package」、「スポーツ 15S L Package」がラインナップに加わりました。

さらに、マツダの魂動デザインのイメージカラーともいえる「ソウルレッド」も進化します。新型CX-5から設定された「ソウルレッドクリスタルメタリック」を採用することで、従来の「ソウルレッドプレミアムメタリック」に対して、鮮やかで深みのあるソウルレッドとしているのも注目ポイントです。

メーカー希望小売価格は、セダンとスポーツ(ハッチバック)が1,825,200円〜3,310,200円。ハイブリッドは2,505,600円〜2,879,000円となっています。

(山本晋也)

【新車】マツダ・アクセラ、マイナーチェンジでソウルレッドが「クリスタル」に。SKYACTIVディーゼル搭載車、先進安全装備も拡大(http://clicccar.com/2017/08/25/504219/)