『ブラックパンサー』2018年3月1日に日本公開決定 “2つの顔をもつ男”の姿捉えたビジュアルも

写真拡大

 マーベル・スタジオ新作映画『Black Panther』が、『ブラックパンサー』の邦題で2018年3月1日に公開されることが決定した。

参考:“ユニバース系”が『スパイダーマン:ホームカミング』にもたらした光と影

 本作は、2016年に公開された『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に初登場したブラックパンサー初の単独作品。キャプテン・アメリカの持つシールドと同じ材質からなる漆黒のスーツと、優れた戦闘能力を持つブラックパンサーが、超文明国ワカンダの新しい国王として、そしてヒーローとして活躍する姿を描く。ワカンダの秘密を守るためブラックパンサーが世界中にスパイを送り込み、世界中の敵と戦うというこれまでのマーベル映画にはなかったスパイ映画のテイストが盛り込まれるほか、2018年4月27日公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へ繋がる重要な物語となる。

 監督は、『ロッキー』シリーズの歴代新記録を打ち立てた『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でもブラックパンサーを演じたチャドウィック・ボーズマンが主演を務めるほか、ヒロイン役に『それでも夜は明ける』のルピタ・ニョンゴ、ブラックパンサーの秘密を狙う敵役に『クリード チャンプを継ぐ男』のマイケル・B・ジョーダン、さらに『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも登場したマーティン・フリーマン、『猿の惑星』シリーズのアンディ・サーキス、『メッセージ』のフォレスト・ウィテカーらが出演する。

 あわせて公開されたティザービジュアルでは、“国王とヒーロー…2つの顔をもつ男。”のコピーとともに、黒豹の巨像の上からブラックパンサーがワカンダを見下ろす様子が捉えられている。(リアルサウンド編集部)