EXILE THE SECONDの新シングル『Route 66』、全編LA撮影によるMV解禁

写真拡大

 EXILE THE SECONDの新シングル『Route 66』のミュージック・ビデオが公開された。

 本作の監督を務めたのは、ケンドリック・ラマーの「BE HUMBLE」や、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドの「Beauty and the Beast」の映像も手掛けるトップクリエイター、デーブ・メイヤーズだ。J-POPのMVを手掛けるのは今回が初めてで、7月上旬にロサンゼルスにて撮影が行われた。

 タイトルとエネルギー溢れる楽曲から、「砂漠」や「悪い男」といったキーワードを掲げ、アメリカの文化にもなっているルート66をEXILE THE SECONDなりの新しい表現でとらえた内容に。ストーリーを具現化して視聴者を入り込ませる、楽しそうだから自分もそこに行きたいと思わせるビデオにしたいという監督の想いのもと制作されている。

 リーダーの橘ケンチは「もともとアメリカの音楽に影響を受けて歌やダンスを始めた僕らなので、今回の曲は特にアメリカで撮影することに意味があると思ってLA撮影を実現させたんですが、結果ばっちりなケミストリーが起こりました!」と自身あふれるコメントを寄せている。

◎橘ケンチ コメント全文
監督に「Route 66」を聴いた印象を尋ねたら、車がドリフトしていたり跳ねたりというイメージだったそうで、その通りアクションが多い撮影でした。撮影のスケール感にしても、エンタテインメントの捉え方にしても、LAに行ったから撮れたMVだと思います。もともとアメリカの音楽に影響を受けて歌やダンスを始めた僕らなので、今回の曲は特にアメリカで撮影することに意味があると思ってLA撮影を実現させたんですが、結果ばっちりなケミストリーが起こりました!

◎EXILE THE SECOND 『ROUTE 66』ミュージック・ビデオ
https://youtu.be/KRsYSfYCigk

◎リリース情報『Route 66』
2017/9/27 RELEASE
<CD+DVD>RZCD-86395/B 3,000円(tax out. )
<CDのみ>RZCD-86396 1,000(tax out. )
RZC1-86397/B 3,800円(tax out. )