ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D850」を9月8日に発売する。

常用感度帯はISO64から25600で、ISO32までの減感、ISO102400までの増感も可能。ボディ単体で1秒あたり最高約7コマ、マルチパワーバッテリーパック「MB-D18」装着時で1秒あたり最高約9コマの高速連続撮影ができる。「D5」と同じ、高速かつ高感度の153点AFシステムも備える。有効画素数は4,575万画素。重さは約915グラム(本体のみ)。

静止画ライブビュー時に電子シャッターを使用するサイレント撮影も搭載する。レリーズの音や機構ブレが発生しないため、美術館や結婚式など静かな場所、天体や星などの撮影でカメラの機構ブレを極力排除したい場合に有効。4K UHD/30Pの動画撮影や最大5倍のスルーモーション動画、8Kのタイムラプス動画にも対応する。

予定生産台数は月産約20,000台、実売価格は40万円程度となる見通し。