「サイン&ディスプレイショウ2017」Webサイト
http://www.tokobi.or.jp/sds2017/

2017年8月31日(木)から3日間にわたり、東京ビッグサイト 西1ホール(東京都江東区有明3-11-1)にて「サイン&ディスプレイショウ2017」が開催される。東京屋外広告美術協同組合が主催する恒例の展示イベントで、今回で第59回目の開催。350小間の出展があり、サイン&ディスプレイの製作、施工に必要な資材、素材と加工機器、工作車両などの関連商品全般が紹介される。

今年の「サイン&ディスプレイショウ」にも、数多くの出展社が参加。大判プリンタやレーザー加工機などをはじめ、さまざまな製品を案内する。開催時間は各日10:00〜17:00で、入場料は税込500円。ただし、招待券およびホームページ入場引換券の持参者は無料で入場できる。ホームページ入場引換券は、イベントの特設Webサイトに用意されたフォームからの送信で入手でき、1枚につき2名まで招待券と交換できるので、うまく活用すると良いだろう。

出展の例として、ローランド ディー.ジー.株式会社は、昨年リリースした「TrueVIS」をはじめとする最新のインクジェットプリンタを紹介。サインビジネスを拡大する新たなUVプリンタも参考出品予定だ。また、株式会社OKIデータ・インフォテックは、SXインクを搭載した低臭気ソルベント・インクジェットプリンタを展示。電飾、ポスター、POP、カーラッピング、大型バナーなど、幅広いシーンで活躍する。

東京屋外広告美術協同組合
URL:http://www.tokobi.or.jp/sds2017/
2017/08/25