北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は24日、国連安全保障理事会が採択した制裁決議に反発する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「国連の『制裁決議』は徹頭徹尾、わが共和国に対する米国の極悪非道な孤立・圧殺策動の所産である」と非難した。

また、核保有国が制裁決議に賛同したことに対して、「強盗さながらの二重基準の極みである」と述べた。さらに、賛同した核保有国で、「『ズボンを売ってでも核を持たなければならない』と言って制裁と圧迫を冒して核保有の夢を実現した国」と、名指しは避けつつ中国を批判した。

中国が初の原爆実験を行う前年の1963年、当時の陳毅外交相は「中国人はたとえズボンをはかなくても、核兵器をつくってみせる」と断言していた。

論評は、こうした国々が「自尊心もなくわが共和国の核と大陸間弾道ロケットの試射に途方もなく言い掛かりをつけながら米国の制裁騒動に合流した」と述べた。

そのうで、「強い力を持ってこそ国際舞台で堂々と言うべきことも言い、核列強の極端な利己主義、支配主義の野望も粉砕して自分自身を守ることができ、正義と国際関係の原則も守ることができるということを再度実証している」と強調した。