CMや雑誌などでも話題の格安SIM。聞いたことはあるけれど、実際どんなものか知らない人も多いのでは? 月々の携帯代が安くなるなら乗り換えたい。でも、よくわからないから手が出せないという人のために格安SIMについて解説します。

格安SIMってどんなもの?



出典:Shutterstock.com

格安SIMとは、ドコモ、ソフトバンク、auなど大手キャリアが持っている回線を借り受けて提供している通信サービスのこと。そして、格安SIMでサービスを提供している業者をMVNOといいます。では、なぜMVNOは格安でサービス提供できるのでしょうか?

MVNOは、そのほとんどが店舗を持っておらず、インターネット上で販売・契約するので、人件費を最小限に抑えることができます。さらに、もともとある回線を利用しているので、通信設備の整備費や維持費を負担する必要がありません。コストがかからないので、そのぶん安いプランでサービスを提供することが可能なのです。

格安SIMの上手な選び方




出典:Shutterstock.com

多くのスマホはSIMロックといって、購入時のスマホで契約しているキャリアのSIMしか使えないようになっています。ロックされていないスマホもありますが、ここではロックされているスマホで格安SIMを使う場合について紹介しますね。

格安SIMを利用するには、契約しているキャリアと同じ系列のMVNOが提供する格安SIMを選ぶ必要があります。違うキャリアの格安SIMは使えないので、自分のスマホのキャリア系列かどうか事前に確認してから契約しましょう。

MVNOは、それぞれの強みを生かしたいろいろなプランを提供しています。そのなかから契約プランを選ぶには、自分が一番に重要視することは何かを把握しておくことが大切です。

通信速度の速さか、音声通話プランのおトクさか、通信容量の上限かなど、判断する基準は違うはず。公式サイトなどでチェックして、ぴったりのプランをみつけてください。

格安SIMのメリット・デメリット



出典:Shutterstock.com

格安SIMを利用する上で、知っておきたいメリットとデメリットをご紹介します。

 ・メリット1 月額使用料が安い

格安SIMの魅力といえば、月額料金が安いこと。プランによっては月額¥1,000円以下で契約できるものもあります。

・メリット2 プランが豊富
 格安SIM業界に参入する企業はどんどん増えており、各社ともいろいろなプランを提供しています。プランごとにデータ通信量も細かく設定され、さらにいろいろなオプションを組み合わせれば、自分の使用状況にぴったりなプランを選ぶことが可能です。

・デメリット1 通話料が高い

通話料が高いことは、デメリットとしてよく挙げられます。データ通信に関しては安く提供できますが、通話料に関しては、キャリアのようなかけ放題プランを用意している格安SIMは少ないため、通話がメインの人には格安SIMはあまりおすすめできません。

 ・デメリット2 キャリアのようなサポートが少ない

店舗があるMVNOもありますが、多くは店舗を持っていません。サポートは電話やメールでのやり取りのみになってしまうところも多いので、契約後のサポートに不安を感じてしまう人もいるでしょう。

格安SIMをうまく使えば、今より携帯代が安くなり、その分をオシャレに使えちゃうかも♪今のプランをしっかりチェックし、格安SIMでぴったりのプランがあるか探してみましょう。