ダレノガレ明美

写真拡大

24日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)で、タレントのダレノガレ明美が、かつて実父に誘拐されたことがあると告白した。

番組では、「死後の世界とつながり、死者と交信できる」という霊能力者のローラ・リン・ジャクソン氏がゲストで登場し、面識のまったくないダレノガレと対話した。

ジャクソン氏はダレノガレに、子どものころの大変な経験を「すごくポジティブでハッピーな態度」で乗り越えたため、死後の世界が称えていると告げた。ジャクソン氏の指摘を受け、ダレノガレは「ちっちゃいころ、私、誘拐されたことがあるんですよ」と明かし、スタジオを驚かせた。

ダレノガレを誘拐したのは日系ブラジル人の「実の父親」だったという。父は暴力を振るう人物で、母はあるときダレノガレを連れて逃げ出したという。その後、父は親権を要求をしてきたが母は断り、両者は揉めていたという。

そんなある日、ダレノガレが屋外で遊んでいると父が現れ、車で連れ去られたという。ダレノガレは「『どこにいるかわかんない』ってなって…それが3日、4日後くらいに見つかって…」と当時を振り返った。

ジャクソン氏は実父の行いを非難しつつ、ダレノガレが父の行為を許したことを称賛していた。

【関連記事】
有吉弘行とギャル曽根が完食できないダレノガレ明美に辛らつ「ギャラ泥棒」
ダレノガレ明美が自身の独立報道を全面否定「全くの嘘」「巻き込まないで」
ダレノガレ明美 NMB48・須藤凜々花の結婚発表に「私ならまじで嫌だ」