日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「点を取る」という強いメッセージ

 8月24日、日本サッカー協会は2018年ロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦(8/31)、サウジアラビア戦(9/5)に臨む日本代表メンバーを発表した。試合の登録メンバーは23人であるが、今回は異例の27人を招集。特に前線の選手に人数を割いており、このメンバーリストからヴァイッド・ハリルホジッチ監督の戦略的な意図が見えてくる。(取材・文:河治良幸)

----------

 日本サッカー協会は8月31日に埼玉スタジアム2002で行われるアジア最終予選のオーストラリア戦と9月5日にアウェイで行われるサウジアラビア戦に向けた27人のメンバーを発表した。

 本来公式戦の枠はGK3人を含む23人。これまでも最終予選はコンディションなどを考慮し25人ほど招集してきたが27人は異例。しかも、3トップが想定されるFWが9人というのは異例だ。

「もちろんけが人と関係なく戦略は練っている」

 今回は大迫勇也や本田圭佑など主力のコンディションに不安があり、ここまで最終予選を牽引してきた原口元気もクラブで十分な出場時間を得られていない事情はあるものの、それ以上に「点を取る」という戦略的なメッセージが強く含まれているはずだ。

「全員を見た上でスタメンを決めていきたい。効果的なプレーをすることがFWに求められる」とハリルホジッチ監督。指揮官の頭の中ではアウェイのサウジアラビア戦での起用法も想定されているはずだが、まずはオーストラリア戦に全力で勝ちに行く意識を植え付けたいという意図は発言からも感じられる。

 右ウィングは浅野拓磨、久保裕也、本田圭佑。左が乾貴士、武藤嘉紀、原口元気。そして中央が岡崎慎司、杉本健勇、大迫勇也という陣容。チャンスメイクはもちろんゴールに向かう迫力を出せる選手が揃う。

 アウェイで行われた前回のオーストラリア戦は「スピードを使った攻撃ができなかった」とハリルホジッチ監督。ホームの今回はより高い位置から攻撃を進めていくはずで、そこでオーストラリアのディフェンスの背後を狙いたいという意図はあるだろう。

 特にキーマンになりうるのが左の武藤だ。「オーストラリアのディフェンスに対して彼のスピードは面白い」と指揮官。

 もちろん原口の推進力や乾のテクニカルな仕掛けは魅力だが、オフザボールでダイアゴナルの飛び出しができ、ボールを持って前を向けば躊躇せずシュートを狙う姿勢が体格に勝るオーストラリアのディフェンスに対して有効であることは間違いないだろう。

 似たことが右の浅野にも言えるが、基本的には久保か本田をスタメンで起用し、相手に疲れが出るところで浅野を投入するというイメージの方が立てやすい。

高萩に期待されるスペシャリストとしての特性

 中央のFWでは大迫と岡崎のコンディションを見てスタメンを決める形になるはずだが、このポジションには裏を狙うプレーに加えて、周囲の味方に裏を狙わせる役割も求められる。

 その意味では大迫が最も適任だが、岡崎はクラブで連続得点を決めるなど、今まさに乗れているFWであり、その勢いと自信を大一番に持ち込むメリットは小さくない。

 FW陣で唯一の国内組である杉本は将来的にスタメン候補になりうるが、卓越した身体能力とゴール前の高さという特徴を前面に押し出しやすい時間帯の投入が想定されるはずだ。

 彼らのゴール前での迫力を引き出す存在が中盤の選手たち。今回は守備的MF(長谷部誠、山口蛍、井手口陽介、高萩洋次郎)と攻撃的な3人(小林祐希、柴崎岳、香川真司)という分け方で[4-2-3-1]と「4-3-3」の両にらみという意図も読み取れるが、守備的MFに高萩洋次郎を加えたのは前線へのボールの配球を増やしたいという意図だろう。

 もちろんオーストラリアの選手の特徴を最も知る選手ということもあるが、よりパサーの役割が重要性を増すはず。山口蛍や井手口陽介にも期待される部分ではあるが、高萩はスペシャリストとしての特性を出しやすく、他の選手に対するメッセージにもなる。

「守備の面で修正点はいくつかある」という高萩をボランチの一角で使うリスクはあるが、「負けにくい相手」と指揮官が評価するオーストラリアから得点を奪うためのチョイスとしてスタメン起用も十分に考えられる。

代表復帰の柴崎岳と小林祐希。その魅力と効用

 攻撃的MFの3人はトップ下あるいは[4-3-3]のインサイドハーフでもゴールに直結する仕事が求められる。これまでの実績から考えれば香川のスタメンが既定路線となるが、ケガ明けで、ブンデスリーガの開幕戦では終盤の出場だったこともあり、サウジアラビア戦との兼ね合いも考え、よりコンディションの良い小林か柴崎でスタートする可能性もある。

 どちらも中盤のユーティリティな選手だが、柴崎にはスペインのヘタフェと同様にゴールに直結するパスや飛び出しが期待される。特に相手を押し込んだ場合、狭いエリアで変化を付け、ちょっとしたスペースを使える柴崎の有効性は高い。また前線やウィングの選手に決定的なパスを供給する選手としても期待できるはず。

 小林の場合は攻撃的な持ち味に加えて、オランダでボール奪取力に成長を感じさせていることが大きい。[4-3-3]のインサイドハーフで山口や井手口と組ませれば、ボール奪取力と攻撃力を兼ね備えた中盤を形成することができる。

 代表での経験不足を補って余ある気持ちの強さがこういう大一番で良い方に出れば日本の攻撃を前進させることができる。加えて本田をスタメン起用しない場合に左利きの小林をセットプレーのキッカーとしての役割を含めて優先するプランも考えられる。

 また高萩にも言えることだが、小林をこのポジションで起用すればセットプレーの守備で高さを確保できるメリットもある。主な目的は点を取りに行くことだが、指揮官が警戒する相手のセットプレーに対するリスクケアも同時に考えなければいけない。

 ホームで点を取りに行く、勝ちに行くというメッセージがダイレクトに表れたメンバー構成だが、やはり大事なのは最終的にどういう布陣で、どういうイメージを持って試合に入っていけるか。短い準備時間ではあるが、ハリルホジッチ監督が2ヶ月前から行ってきたという分析をもとに、チームで攻撃イメージを共有してゴールにつなげてほしい。

(取材・文:河治良幸)

text by 河治良幸