海外ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)』の4人の恋愛パターンを恋愛カウンセラーが解剖するため、第4回に分けて連載中の【SATC恋愛心理学】。最終回は、欲しいものをすべて自分で手に入れる大胆さに世界中の女子が憧れた、PR会社社長のサマンサ。

彼女のセクシーな魅力をNYのセックス・カウンセラー、サリ先生が語ってくれました。

※キャリー編、シャーロット編、ミランダ編もお見逃しなく!

ケースぁД汽泪鵐気両豺

――私よりもだいぶ若く、純粋な男性と恋愛中です。でも、モノガミー(一夫一婦制)の関係を居心地悪く感じています…。

「最高のセックス」を求めて、セックスライフを謳歌するサマンサ。若い男子の初体験相手になってストーカーにあったり、同性のパートナーができたりと、毎回さまざまな体験する彼女だけど、本気になった数少ない相手の1人が、売れない俳優スミス。イケメンで一途、深い愛で自分を包んでくれるスミスと親密な関係になっていくことに恐怖を覚え、サマンサは本心を隠そうとします。

▼サリ先生の回答

「サマンサは自信があって、セックスに関する知識も経験も豊富、余裕たっぷりのセックスアピールができる最高にクールな女性。そんな彼女が世の女性に果たした役割は大きく、女性がセックスで主権をもって、自由にセックスライフを謳歌するというロールモデルになったわ。

特に、彼女が男性を誘惑するために放つあの独特のエロチックな魅力に感化され、シリーズを見ながらこっそりテクニックを習得したという女子たちも少なくないはずよ。

そんなサマンサが仕掛けるセクシーなアプローチは、まさに最高の媚薬といえます。これこそが、若い男たちがサマンサに会うたびに、虜になっている理由といってもいいかもしれません。そして、彼女が年下男性を虜にする理由のもう一つの考察は、サマンサはMILF(Mother I'd like to F**kの略)がタイプの男性を刺激する、エロチックな猫じゃらし的存在ということ。この男性たちは、自分よりも年上の30代から50代くらいの年上女性に魅力を感じることが多いです。

サマンサのようにエイジレスにセクシーな魅力を放つアドバイスとしては…

・自身の中に眠るセンシュアリティを覚醒させること。例えば、素敵な音楽で踊って自分の身体のムーブメントを感じたり、美味しい料理をゆっくりと堪能したり、アロマキャンドルを焚いてリラックスしたり、ヨガをしたり、マッサージをしたりしてあげたり。

・性欲を掻き立てられるような本を読んだり、映画を観る。

・エクササイズなど自分の身体とコンタクトを取って、自分自身が持つ強さ、センシュアリティなど自身のポジティブな面を再発見する。

サマンサは大胆な反面、同時に傷つくことを恐れているわ。男性と(時には女性とも)、自由なセックスライフを楽しんできた彼女は、心が傷つくことにどんどん苦手になっていたはず。その例が、若い俳優、スミスとの関係。サマンサは彼に愛着を抱くことを避けているにもかかわらず、スミスは彼女に純粋な愛情を示します。そして体だけの関係を超えることに恐怖を覚えたサマンサは、過去の恋人のホテル王リチャードと再会し、浮気をします。そんなサマンサを待って、一途で純粋な愛で包み込むスミス。サマンサもスミスを愛し、ついに一夫一婦制を適用するものの、その後の長い関係の末、彼女はこの関係にどんどん居心地が悪くなってしまう…。

私がNYで担当するセラピーでも、10年前に比べポリアモリーやオープン・マリッジの相談に来る人が多くなりました。

結局サマンサのアイデンティティがポリアモリー(複数の人と合意の上で性愛関係を築く関係)を心地よく感じていたのかは分からないままです。でも、もしサマンサにアドバイスをするなら、映画版でスミスとの関係を断ってNYに戻るときに、彼と話し合って『あなたのことを最高に愛しているけれど、他の男性ともセックスを楽しみたいの。私たちの関係を開拓するための可能性を話し合わない? あなたは私にとって大切な存在だけど、自分自身に嘘もつきたくないの』と言えばよかったのかもしれません」

お話を伺った先生

Sari Cooper, L.C.S.W.,(サリ・クーパー先生)

セックスや恋愛関係のセラピーを行うCenter for Love and Sex, NYC代表取締役。プロのダンサーとしての経験から身体の動かし方や、幸せな性生活を送るためのアドバイスをSex Esteem® blog、YOUTUBEチャンネル配信している。Huffington Postなど多数のメディアにエキスパートとして登場。