バルサのディ・マリア獲得が近づいている

写真拡大

FCバルセロナは未だにパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアンヘル・ディ・マリア獲得に興味を持っている。しかし、PSGの敵意がバルサにとって大きな障害となっている。

バルサはディ・マリアがレアル・マドリードを退団し、マンチェスター・ユナイテッドに加入した3年前から同選手に興味を持っていたということである。しかし、大きな障害となっているのは最近PSGがバルサに見せている敵意であり、特にネイマール移籍の問題は非常に大きい。

バルサはPSGがバルサに対して特段の敵意を抱いていると感じている。PSGがヨーロッパで最高峰のクラブを目指す中で、移籍マーケットで優れた選手を獲得するだけでなく、他チームに優れた選手を売却するのを拒否している。

とは言うものの、この件に関してムバッペが重要な役割を果たすと思われ、モナコからPSGへの移籍が実現すれば、ディ・マリアをバルサに移籍させる可能性は大いにある。その場合、金額が大きな争点になると考えられており、およそ5,000万ユーロ(約64億円)と予想されている。