文大統領(左)と高官の申告財産が公開された(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

◇文大統領の資産 約1億7700万円

 政府公職者倫理委員会が25日公表した高官の資産に関する資料によると、5月の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任時の資産は18億2200万ウォン(約1億7700万円)だった。国会議員の任期を終えた2016年5月に比べ3億1500万ウォン増えた。文大統領も含めた青瓦台(大統領府)幹部の資産は平均19億7892万ウォンと集計された。

◇サムスントップ きょう一審判決

 前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告への贈賄罪などに問われているサムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)被告(サムスン電子副会長)に対する判決公判が、25日午後2時半からソウル中央地裁で開かれる。在宅起訴されたサムスングループの元役員4人に対する判決も言い渡される。

◇野党議員「米国が30日までのTHAAD追加配備を要求」

 韓国の国会議員によると、米国は韓国政府に対し30日までに在韓米軍への米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」配備を完了するよう要求した。国会情報委員会の委員長で最大野党・自由韓国党最高委員の李チョル雨(イ・チョルウ)議員は24日の党行事の後、記者団に「米国が30日までにTHAAD4基を追加配備するよう要求し、李洛淵(イ・ナクヨン)首相は頭が痛いと言っている」と伝えた。この発言内容が事実なら、米国がTHAAD配備の期限を初めて具体的に言及したことになる。

◇ここ1カ月の韓国総合株価指数 世界主要市場を上回る下げ幅

 上半期に世界の主要株式市場のうち最も速いペースで上昇した韓国市場が、このひと月は最も大きく値を下げていることが25日、分かった。韓国総合株価指数(KOSPI)は7月24日に2451.53の過去最高値を付けた後、下落が続く。今月23日には2366.40と、1カ月前に比べ3.47%下落した。世界の主要市場のうち最も大きな下げ幅。調整局面に加え、北朝鮮リスクが響いたとみられる。