履歴書に記載する内容は、できるだけ華やかにしたい心理が働くものです。

「この猫は、履歴書でウソをついて仕事をもらったに違いない」
と説明された写真が、海外掲示板で人気を呼んでいました。

えっ、猫? どういうことなのか……写真をご覧ください。

 

When you lie on your resume but still get the job


あはは。

一応、仕事にはなっているような、いないような。

金色の獅子として、頑張っている感じは伝わってきますね。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●こうすればライオンに見える。
[画像を見る]

↑ライオン研修中。

●猫「レオ・ザ・ライオンのスタントをしていました。そのあと数年、エジプトの神殿をガードしています」
[画像を見る]
(ハリウッドの映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)が使用しているオープニングロゴの愛称)

●なんてこった! 何てふわふわのしっぽなんだ。

●彼は自分を大きく見せたかったんだよ。

●本物が用意できるまではフェイクで。

●彼はがんばってると思う。

●猫がそんな風に座るときが好き、ライオンを思い出させる。

●レジ係になるまでは、5年はやっていける。


ライオンほどの風格はないですが、マスコット役としてなら、大いに役割を果たしていますね。

【「この猫はおそらく…履歴書にウソをついて仕事をもらったと思う」】を全て見る