中国北京の秀水街で販売されている偽ブランドのスポーツシューズ(2007年3月27日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国江蘇(Jiangsu)省蘇州(Suzhou)市の裁判所が、米スポーツ用品大手ニューバランス(New Balance)の有名な「N」のロゴを使用して著作権を侵害したとして、同国の企業家1人と2企業に計約150万ドル(約1億6400万円)の損害賠償を命じる判決を下していたことが分かった。中国での知的財産権侵害訴訟で西側企業が勝訴するのは極めて珍しい。

 AFPが24日に入手した判決文の写しによると、3被告は「New Boom」のブランド名で靴を製造し、ニューバランスの著作権を「共同で侵害」した。

 裁判官は、ロゴやその他の要素がニューバランスの製品に酷似していることを認め、模造品は真正の製品と「混同されやすい」と判断。3被告に対し、損害賠償として約150万ドルをニューバランスに支払うよう命じた。

 中国で知的財産権の侵害に関する訴訟で西側諸国のブランドが勝訴するのは極めてまれなうえ、今回は賠償金額も中国の裁判所が通常認める金額をはるかに上回った。

 この判決が出る少し前、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米政権は中国による知的財産権侵害の徹底調査に着手していた。

 中国ではスポーツ用品市場も急成長しており、ニューバランスの製品は1995年から販売されている。
【翻訳編集】AFPBB News