父ミハエル・シューマッハがドライブしたベネトン・フォーミュラのマシンで17F1第12戦ベルギーGP決勝前のデモ走行に臨むミック・シューマッハ(2017年5月21日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)の伝説的ドライバー、ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏の息子ミック(Mick Schumacher)が、27日に行われるベルギーGP(Belguim Grand Prix 2017)決勝前に、父が運転したベネトン・フォーミュラ(Benetton Formula)のマシンでデモ走行に臨むことがわかった。

 関係者によると、今回の試みはミハエル氏のF1初勝利から25周年を記念して行われるもので、欧州F3選手権(FIA European Formula 3 Championship)に参戦している18歳のミックは「これをやりたいかどうかなんて迷う余地もなかった」と声明でコメントしている。

 F1で7度の総合優勝を誇るミハエル氏は、スパ・フランコルシャン(Spa-Francorchamps)で初優勝を飾ると、その後は通算91個のタイトルを積み上げる輝かしいキャリアを送った。現在48歳のミハエル氏は、2013年のスキー事故で頭部に重傷を負って以降、公の場に姿を現していない。
【翻訳編集】AFPBB News