画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●鼻の調子が悪いときのフライトで中耳炎に?

生後半年〜5歳くらいまでに発生することが多いと言われている中耳炎。5歳を過ぎて徐々に抵抗力がついてくると、菌への感染リスクが減少して中耳炎になるリスクも低下するが、大人でも中耳炎が発症するケースはある。

中には、自分で中耳炎が発症していることに気づかず放置して、重篤化してしまう成人もいるので注意が必要だ。今回は慶應義塾大学の神崎晶医師に大人の中耳炎の特徴についてうかがった。

○大人の中耳炎の原因は鼻の不調や気圧の変化

中耳炎とは、耳の3つの区画(外耳・中耳・内耳)のうち、中耳とよばれる部分が菌に感染するなどして炎症を起こしている状態。中耳炎になると耳に痛みを感じたり、耳から膿などが出たり、小児の場合は機嫌が悪くなったりすることもある。

小児は耳と鼻の距離が近いため、耳管(耳ぬきするときに空気が通る管)が太くて短く、鼻が詰まりやすい。こういった特徴が中耳炎になりやすい理由だと言われている。一方で大人は耳管が細く長いことに加え、子どもよりも抵抗力があるため、中耳炎になりにくいと考えられている。だが、一定数の患者がいるのも事実のようだ。

「抗生剤の発達によって近年、大人の中耳炎患者はだいぶ減ったと言われていますが、大人が中耳炎を発症する可能性もゼロではありません。大人の中耳炎の主な原因は、風邪や鼻炎などで鼻がつまっていたり、気圧の変化に対応できなかったりすることなどがあげられます」

風邪や鼻炎、花粉症、副鼻腔炎などで鼻のコンディションが悪いと、上咽頭と呼ばれる部分に鼻水が溜まってしまう。上咽頭と中耳は耳管と呼ばれる管でつながっているため、鼻水に含まれる細菌やウイルスが耳にまで伝わり、炎症を起こして中耳炎となってしまうとのこと。

「また、航空性中耳炎といって、飛行機に乗ったときに発症する中耳炎もあります。鼻炎や風邪などによって鼻の調子が悪いときに飛行機に乗ると、耳ぬきがうまくできずに中耳炎を誘導してしまいます」

耳ぬきとは、耳から鼻に空気が出入りして圧を調整する機能。この耳ぬきがうまくできないと、離着陸時などの気圧の変化によって耳の中の空気が膨らみ、鼓膜が内側から押されて膨れあがってしまう。これによって痛みを感じたり、鼓膜の血管が切れて耳から出血したりする場合もあるという。また、スキューバダイビングで深いところに潜って水圧が変化したときにも、このような症状が出ることがある。

●中耳炎よりも厄介な内耳炎の恐怖

中耳炎の主な症状には「耳の痛み」と耳から膿などが出る「耳垂れ」がある。中耳炎のくり返しで耳の中に膿が溜まったり、炎症が悪化して鼓膜に穴が開いたりしてしまうケースもあるそうで、この段階になると「耳が聞こえにくい」などの症状も出てきてしまう。

中耳炎よりもさらに奥にある内耳の部分が炎症を起こす「内耳炎」という病気もある。内耳炎は「体のバランスのセンサー」と「聞こえるセンサー」の両方に影響を与えるので、それによって平衡感覚に支障をきたすこともあるとのこと。

○急性中耳炎とは異なる慢性中耳炎にも注意

大人の中耳炎は軽症であれば、自覚症状がほとんどないケースもあり、何もせずとも自然治癒することもある。だが、放置したことで菌が内耳にまで拡大すれば、内耳炎の原因となる恐れがある。さらに髄膜にまで及べば髄膜炎を発症する恐れもあるという。内耳炎は頭痛や難聴などの症状を招き、髄膜炎はひどい頭痛や倦怠感、重症化すると意識障害などの致命的な症状となる可能性もあるので要注意だ。

「自覚症状が出ていても、忙しくて放置してしまう人もいると思います。しかし、放置したせいで入院することになったり、合併症を引き起こしたりすることもあります。少しでも不安なことがあれば、耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう」

航空性中耳炎などの突発的なものは急性中耳炎に分類されるが、炎症が悪化して鼓膜に穴が開いている状態を慢性中耳炎と呼ぶ。慢性中耳炎になると、耳の聞こえが悪くなったり、耳だれが続いたりといった症状が出る。

特に幼少期から中耳炎を何度もくり返していたという人は、慢性中耳炎である可能性があるとのこと。慢性中耳炎は痛みを伴わないことが多く、本人が全然気づかないまま症状が進行している事例もある。悪化させないためにも、心当たりがあれば早めに耳鼻咽喉科を受診した方が吉と言えそうだ。

●中耳炎になりやすい人の特徴

大人の中耳炎は軽症であれば自然治癒するケースもあるが、リスクを低くするためにも耳鼻科で適切な治療を受けるのがベストだ。

「耳鼻咽喉科では、まずは耳の中を見て炎症をチェックします。中耳炎だと判明すれば、原因となっている鼻の治療をしながら抗生剤で炎症を抑えます。炎症は抗生物質を飲めば1週間以内で治ることが多いです」

痛みがあれば痛み止めを処方し、膿がたまっている場合は膿を吸い取り、鼓膜を切開して膿を出し切ってしまうこともあるとのこと。中耳炎が慢性化して鼓膜に穴が開いているケースでは、手術をすることもあるという。

○高齢者が注意すべき中耳炎

ところで、中耳炎になりやすい人の特徴はあるのだろうか。神崎医師は「常に鼻をすすっている人は、中耳炎になりやすいので要注意です」と話す。

「鼻をすするということは、出るべき鼻を常に中に押し込んでいるのです。日本人は比較的鼻をすする人が多いと言われています。中耳炎が慢性化している人や何度も再発している人は、鼻をすする方が多いです」

また、高齢者には滲出性(しんしゅつせい)中耳炎という別の種類の中耳炎が多いと指摘。

「中耳粘膜と呼ばれる粘膜からは、わずかですが分泌液があります。この分泌液が鼻からスムーズに出るのが理想ですが、炎症などが原因で中耳に溜まったままになってしまうことがあります。これが滲出性中耳炎です」

滲出性中耳炎は痛みの代わりに耳がつまるような感じや、難聴などの症状が出る。痛みがないため気づきにくく、一度発症すると治りにくいという特徴を持つ。特に高齢者は加齢による難聴と勘違いをして、滲出性中耳炎を放置している人も少なくないという。

子どもの病気と思われがちな中耳炎は、実は大人でも発症するリスクが十分にある。特に花粉症や鼻炎などのアレルギー体質で鼻がつまりやすい人や、風邪で鼻がつまっているときは注意が必要だ。

「たかが鼻づまり」とあなどることなかれ。「よく鼻をすする」「いつも鼻がつまっている」「鼻のコンディションがよくない期間が長い」などの特徴に当てはまる人は、中耳炎発症リスクを軽減するためにも一度耳鼻科で相談をしてみるといいだろう。

からだエイジング