小売・外食業の年間平均給与、初の500万円突破!

写真拡大

2016年度の上場小売・外食業277社の年間給与の平均は503万6000円で、4年連続で前年度を上回ったことが、東京商工リサーチの調べでわかった。2017年8月22日に発表した。

2015年度から4万7000円(0.9%)増えて、10年度に調査を開始して以来、初めて500万円を突破した。ただ、上場企業3044社の平均給与は609万8000円で、他業界とは100万円を超える開きがある。同社は「小売・外食業の企業間格差も大きいようだ」という。

給与水準「500万円未満」の企業が最多

上場小売・外食業277社のうち、2016年度の平均給与が「増加」した企業は182社で、前年度から13社増えた。構成比で65.7%を占めた。一方、減少は91社(構成比32.8%)、横バイは4社(1.4%)だった。

平均給与が前年度より増えた企業が多く、人手不足が続くなか、小売・外食業界では待遇改善に動いている。

金額別でみると、最も多いのは「500万円未満」の企業で157社(構成比56.6%)を占めた。次いで、500万円以上600万円未満が74社(同26.7%)、600万円以上700万円未満が25社(同9.0%)だった。

東京商工リサーチは、「500万円未満、500万円以上600万円未満のレンジは2015年度に比べて企業数が減っており、賃金の引き上げが着実に進んでいることがわかった」という。

また、業態別でみると、トップはコンビニエンスストアの571万4000円で、15年度より11万6000円(2.0%)増えた。百貨店の570万2000円(前年度比0.3%減)、ドラッグストア・調剤薬局の525万3000円(同4.1%増)と続く。一方、最も低かったのは家電販売の470万7000円(同2.0%減)だった。