画像提供:マイナビニュース

写真拡大

イタンジは8月24日、AIチャットやLINEを活かした自動追客&顧客管理システム「ノマドクラウド」の利便性向上のため、不動産賃貸仲介事業者が利用できるスマートフォンアプリの提供を開始すると発表した。

「ノマドクラウド」は、部屋を探している顧客によるポータルサイトの物件についての問い合わせ情報を自動で取り込み、物件への問い合わせ対応や、顧客の希望条件に合わた物件情報を自動で配信できる、不動産賃貸仲介事業者向け自動追客&顧客管理システム。

今回「ノマドクラウド」のアプリ版を提供することにより、不動産賃貸の担当者は、顧客からの問い合わせメッセージにPush通知で素早く気づくことができ、外出時でもLINEを送るような手軽さで迅速に返信をすることが可能となる。

なお、同アプリの利用は無料だ。