「日頃から短期の真剣勝負を行える場を実現したい」と語る大河チェアマン【写真:編集部】

写真拡大

B1・B2の計24チームが6チームずつ4地区に別れ、一発勝負のトーナメントを実施

 男子プロバスケットリーグのBリーグは、リーグ戦に先駆けて開催される新たな公式トーナメント戦「アーリーカップ」が9月1日から始まる。8月24日に記者会見が行われ、大河正明チェアマンは「リーグ戦、天皇杯に続く、三大タイトルのひとつになる」と語った。

 2016年秋から男子プロバスケットボールの新リーグとしてスタートしたBリーグが、2年目のシーズンに新たな試みに挑む。

 1年目のシーズンは、レギュラーシーズンとB1上位8チームによるチャンピオンシップで優勝が争われたが、リーグ戦の前哨戦として初の公式トーナメントカップ「アーリーカップ」を新設。B1の16チーム、B2の8チームが関東、関西、東海・北陸、東北の4地区に6チームずつ別れ、一発勝負のトーナメントで争う。

 大河チェアマンはカップ戦新設の理由について、「リーグ戦は長丁場で、選手のスキルやチーム力を高めていくのが大事です。一方で、オリンピックやワールドカップでは短期の集中決戦を勝ち抜かないと好成績を残せない。アジア予選に関しても同様です。日頃から短期の真剣勝負を行える場をアーリーカップで実現したいと思います」と語った。

「記念すべき第1回アーリーカップのタイトルを持ち帰りたい」(田中大貴)

 大河チェアマンによれば、アーリーカップは「リーグ戦、天皇杯に続き、三大タイトルのうちのひとつとしての位置づけになる」。今回は計24チームの出場だが、「近い将来はB1、B2の全チームが参加して、海外のクラブも呼べるようにしたい」とビジョンを明かした。

 1年目に「ブレイク・ザ・ボーダー(境界を壊せ)」を掲げたテーマには、選手が、そしてチームが強く、たくましく育っていくようにという想いを込めて「ビルドアップ」(構築)が新たに加えられるという。

 関東アーリーカップ(船橋アリーナ)出場チームより、記者会見に登壇した選手の意気込みは以下の通り。

◇田中大貴(アルバルク東京)
「昨シーズンはBリーグのタイトルを獲得することができなかったので、ぜひこの記念すべき第1回アーリーカップの優勝をチームに持ち帰れるように一生懸命頑張りたい」

◇広瀬健太(サンロッカーズ渋谷)
「正直、強豪揃いの関東アーリーカップでリーグ戦開幕前に手の内を見せたくない気持ちもある。でも、サンロッカーズとしてタイトルを獲りに行けるように、一戦必勝で臨みたい」

◇辻直人(川崎ブレイブサンダース)
「昨シーズンはファイナルまで行って、あと一歩のところで負けてしまい、準優勝に終わってしまった。アーリーカップ初代チャンピオンを目指してやっていきたい」

◇湊谷安玲久朱(横浜ビー・コルセアーズ)
「関東を制するものは、リーグを制するものだと思っているので、優勝を目指したい」