昨年も「神戸牛入りベビースターラーメン丸 牛ステーキ味」として登場していたラーメン丸の変り種が、今回はニンニクをフィーチャリングして再登場。グンと臭くなった『神戸牛入りベビースターラーメン丸 ガーリックステーキ味』は昨年に引き続きファミリーマート専売商品の模様。

■ビーフ味玉の旨みにノックアウトされる、強烈なニンニク臭が周囲をノックアウトするスペシャルな一品!

 

ラーメン丸と言えば、バラバラに散らかりやすいBSRの特性を丸めて固めることによって解決した製品。さらにカップ入りで、見事に手を汚すことなく食べられることからビジネスタイムにもさりげなく楽しめると好評のシリーズだ。

ところが今年のおやつカンパニー『神戸牛入りベビースターラーメン丸 ガーリックステーキ味』(59g・実勢価格 税込約150円・発売中)は、そうしたステルス食べには決して向かない仕上がりとなった。何しろフタをめくった途端にニンニクの強烈な香りが半径1.5mくらいには広がる。職場でさりげなく食べるには、これはどうにも向いていない。

フォルムはラーメン丸だが、この『神戸牛入りベビースターラーメン丸 ガーリックステーキ味』の良いところは、ビーフ味玉の名称で、神戸牛ミンチ(小さな謎肉状の塊)が原材料の10%を占めているというから驚く。確かにここまで量を入れれば、”神戸牛入り”の名に恥じない。

味わいは濃厚な牛肉の甘辛風味の旨み、コショウとガーリックで引き立たせたその味わいは、昨年よりも甘みを抑えて攻撃的な仕上がりとなった。これは美味しい。ビーフの味わいをガツンとニンニク仕立てで味わいたいなら、かなりの完成度でこのラーメン丸は夢の時間を与えてくれる。

まさにくさウマ。周囲の迷惑を顧みなくていい場所で、ビールやコーラなどの炭酸飲料をお供にカップからコロコロ口の中へ流し込みたくなる特別感のあるスナックだ。

ただもちろんその分チキン味は一掃されているので、どちらかというとBSRファンというより、「ブタメン」ファンが喜ぶ気がする。入手はファミリーマートにて。