長友がインテル過去8年の“SBランク”でトップ評価 伊紙「少ししか愛されていなくても…」

写真拡大

三冠達成後の過去8年で14人目のSBカンセロを獲得

 インテルの日本代表DF長友佑都は、フィオレンティーナとの開幕戦で左サイドバック(SB)で先発フル出場を果たす一方、インテルは2009-10シーズンに三冠を達成後14人目となるSB、ポルトガル代表DFジョアン・カンセロを獲得した。

 イタリア紙は、全盛期に“世界最高のSB”と呼ばれた元ブラジル代表DFマイコンの後継者探しに苦しむインテルの現状を特集。「サポーターから少ししか愛されていなくてもトップは確実に長友」と評価。インテルの過去8シーズンの“SBランキング”でトップと格付けしている。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じた。

 インテルはまたもやSBを補強した。フランス代表MFジョフリー・コンドグビアとのトレードという形で、バレンシアからカンセロを獲得。名将ジョゼ・モウリーニョ(現マンチェスター・ユナイテッド監督)が09-10シーズンに達成した三冠から8年。これでインテルは、通算14人目のSBを獲得したと同紙は指摘している。

「真のマイコンの後継者が全く見つからなかった。2010年から長い獲得リストができた。ポルトガル人とダウベルトで、インテルは方向転換をしようとしている」

「常に監督たちは彼を高く評価していた」

 現在ブラジルのアバイに所属するマイコンは、06〜12年までインテルの右SBとして躍動。だが、この“世界最高のサイドバック”の在籍時から、SB補強は迷走しているという。

「カンセロが来たことで、インテルが三冠を達成した2010年から、サイドバックは14人になったが、成果は慎まし過ぎる」

 右SBに7人、左SBにも7人が8年間でチームにやってきたが、名門のサポーターを満足させるものはなかったという。

「ここ8シーズンのサイドバックのリストを並べてみても、なんの役にも立たない。トップは確実に長友だ。ネッラズッリのサポーターから少ししか愛されていなくても、ピネティナ(インテルの練習場)に2011年1月から持ちこたえている。常に監督たちは、彼を高く評価していたことは間違いない」

 インテル最古参となった長友だが、サポーターからは愛情を示されていないという。その一方で、勤勉な態度とプロ意識の高さから歴代の監督は評価。今季から率いるルチアーノ・スパレッティ新監督も就任直後には放出の可能性を示唆していたが、結局開幕スタメンの座を長友に与えている。

長友も「相当多い」と競争激化に苦笑い

 ニースから獲得したブラジル人左SBのダウベルトと両SBを兼務できるカンセロは、マイコン以来の“当たり補強”との期待が地元メディアでは高まっている。

 長友はフィオレンティーナとの開幕戦後、「バレンシアから新しいサイドバックを獲るので、結局6人になる。リーグ戦だけ戦うのにサイドバックが6人。相当多い。めちゃくちゃ厳しい」と苦笑混じりに話していた。サポーター人気が乏しくとも、インテルの過去8年のSBランキングでトップと評価されている長友は、強力なライバルの登場でも持ち前の逆境での強さを発揮して、その地位を死守できるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images