中村文則原作『去年の冬、きみと別れ』、岩田剛典の様々な表情切り取ったWeb限定超特報

写真拡大

 2018年3月に公開される岩田剛典単独初主演作『去年の冬、きみと別れ』より、Web限定超特報映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、芥川賞作家・中村文則によるサスペンス小説を、EXILE / 三代目 J Soul Brothersの岩田主演で映画化したもの。彼女との結婚を間近に控え、本の出版を目指す新進気鋭のルポライター耶雲恭介が、不可解な謎が残る、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、その事件の容疑者である天才写真家・木原坂雄大の真相に近づくにつれ、抜けることのできない深みにはまっていく模様を描き出す。『BECK』『無限の住人』の大石哲也が脚本を手がけ、『脳男』『グラスホッパー』の瀧本智行が監督を務めた。

 公開された超特報映像では、岩田演じる耶雲が「その時僕は恋に落ちた」と語る様子から早送りで状況が一変し、耶雲の様々な表情が次々と映し出される。

 8月17日にクランクアップを迎えた岩田は、「撮影に集中できる環境を作って頂けたので、最終日まで集中を切らさずに臨むことができました。今回こうして体当たりで演じられたのは、自分のキャリアにとってとても大きな経験になりました。撮影中は作品の持つパワーやエナジーをずっと背負っている感じだったので、クランクアップした瞬間に解放されて重荷が取れた感覚でした」とコメント。

 共演には、山本美月、北村一輝、斎藤工、浅見れいなが名を連ねている。(リアルサウンド編集部)