『タブラ』奏者のU-zhaan(@u_zhaan)さん。

タブラとは北インドの太鼓のことで、正確には高音用の『タブラ』と、低音用の『バーヤ』の2種類があります。

※写真はイメージ

U-zhaanさんは、タブラを駆使し、さまざまなジャンルのミュージシャンと組んでライブを行うなど、幅広く活動しています。

飲食店に入ったら満席だった

ある日、錦糸町にあるベンガル料理の店に入ったU-zhaanさん。

※写真はイメージ

すると、店員からこういわれます。

いま、客席がいっぱいだから。

どうやら満席のようです。

仕方なく帰ろうとしたところ、店員はU-zhaanさんにこう告げたといいます。

だから、キミは厨房の中で食べるように!

その結果、どうなったかというと…。

ちゅ、厨房で食べてる!!!

客席ではなく、ドリンクを用意する店員の横で食事をすることになったのです!

この出来事がTwitterに投稿されると、さまざまなコメントが寄せられました。

店員がまかない料理を食べているようにしか見えない!その店、知ってる。私も深夜に店番をさせられたことがある。なじんでるなー。店長にでもなったら?

客席ではなく、飲食店の厨房で食事をするという貴重な体験をしたU-zhaanさん。

新曲の題材になったり…はしないですよね。

[文・構成/grape編集部]