(写真: ソフトバンク・ペイメント・サービスの発表資料より)

写真拡大

 オンライン決済代行サービス会社「ソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)」は、物販からオンラインゲーム、会員費の徴収など、多種多様なEC事業者の決済サービスを行っている。サービスを導入している多くの加盟店から「集客支援のサポートを希望」する声が多く寄せられていた。

【こちらも】注文とレジ不要!イタリアン「エソラ渋谷」、すべてのテーブルをIoT化

 そこでSBPSは、「オンライン決済ASP」を導入した加盟店向けにプレスリリース配信サービス「@Press(アットプレス)」を無償で3回まで利用できる 「マーケティング支援無償プラン」を8月24日からスタートした。プレスリリース配信サービスを無償で行うプランの提供は、決済サービス業界では初の試みという。

 「@Press」についても紹介しておこう。広報のプロフェッショナルがプレスリリースの原稿校正や案件に合った最適な配信先メディアリストの選定を行い、記事になりやすい手助けを行うプレスリリース配信サービスだ。加盟店は「マーケティング支援無償プラン」を利用しプレスリリースを通じて情報発信することで、新聞、テレビ、Webメディアをはじめとする各種メディアでの記事掲載の可能性が高まり、商品、サービスなどの認知度アップや売上拡大という好循環サイクルが期待できる。

 SBPSでは、決済代行サービスに加えて商品のPRも行うことで、EC事業者のニーズに応えながら、より付加価値の高いサービスの提供を目指す方針だ。