(C)円谷プロ (C)ウルトラマンゼロVR製作委員会

写真拡大 (全3枚)

円谷プロダクションとポニーキャニオンは、ウルトラマンシリーズ初となる360度VR特撮作品『ウルトラマンゼロVR』と『ウルトラファイトVR』を製作、10月1日から全国の「VR THEATER」等で配信を開始する。

監督は、『ウルトラマンX』や『ウルトラマンオーブ』でメイン監督をつとめた田口清隆氏。ウルトラマンシリーズを手がける特撮スタッフが、最先端のVR映像技術を持つ株式会社ejeとタッグを組んで制作する。

『ウルトラマンゼロVR』では、東京都港区某所のオフィスビルでの会議中に、突如、宇宙怪獣エレキングが出現。命からがら非常口の扉を開けると、そこでは巨大怪獣とウルトラマンゼロのバトルが繰り広げられていた、というもの。約6分間のVR映像で視聴料金は600円となる。

また、10月1日のリリースに先駆けて、『ウルトラマンゼロVR』の本編映像を使用した360度のティザームービーを視聴できる「先行体験会」を、8月26日・27日に幕張メッセで開催されるキャラクター&ホビーイベント「C3AFA TOKYO」で実施する。