ハイブリッド専用モデルであるCセグメントのレクサスCT200hがマイナーチェンジを実施し、8月24日から発売されています。

注目は、よりアグレッシブになったエクステリア。レクサスの特徴である「スピンドルグリル」は、縦方向に少しずつ変化する緻密なデザインのグリルメッシュを採用し、スポーティムードを強調。さらに高輝度の金属調にペイントすることで華やかさを増しています。

さらに、ヘッドランプの上部にアローヘッド形状のクリアランスランプを配置することで、サイドのキャラクターラインと連続性を持たせることで伸びやかに見せています。

一方のリヤコンビランプは、発光部の拡大により視認性を向上させるとともにワイド感を強調。さらに、リヤバンパー下部のガーニッシュで重心の低さとスポーティさが表現されています

なお、「F SPORT」には、スピンドルグリルを新しいFメッシュパターンとしているほか、ダークな色調でパーツをコーディネートし、精悍でアグレッシブな顔つきに。

ボディカラーでは、「F SPORT」に新たに専用色の「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング」を採用するなど、全13色が用意されています。

インテリアは、視認性の向上や質感向上が主なメニューで、ナビのディスプレイを10.3インチに拡大。ナビやオーディオをより大きく表示することで、視認性が高められています。

さらに、オーナメントパネルに「バンブー(マットフィニッシュ/ナチュラルブラウン)」、「サンフレアブラウン」、「本アルミ(名栗調仕上げ/シルバー)」を新たに採用することで、8タイプが設定されています。また、内装色にシート表皮とオーナメントパネルの一体感を感じさせる2トーンカラーを採用することで、カラーラインナップも変更。

安全面も最新装備にアップデートされています。低速域から高速域まで衝突回避または被害軽減を支援する予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を標準化。

具体的には、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」をはじめ、車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付/LDA)」、夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」(AHB)、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できる「レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)」の4つの機能がパッケージ化。

価格はCT200hの3,770,000円をボトムに、CT200h version Cの3,990,000円、CT200h F SPORTの4,400,000円、CT200h  version Lの4,770,000円となっています。

(塚田勝弘)

アグレッシブなフロントマスクと最新安全装備を手に入れたレクサスCT200hが登場(http://clicccar.com/2017/08/25/503985/)