まさに「一人スルーパス」!中村憲剛、ACLでやった話題のプレーがこれだ

写真拡大

等々力陸上競技場で行われたAFCチャンピオンズリーグの準々決勝1stレグ。

川崎フロンターレ対浦和レッズの日本勢対決はホームの川崎が3-1で浦和を下し、初のベスト4進出に向け一歩前進した。

そんなこの試合で生まれた話題のプレーは、中村憲剛による「一人スルーパス」。Jリーグ公式が配信しているハイライト映像で確認してみよう。


0-0で迎えた33分、ペナルティエリアの少し外側からスルーパスを送った中村。

ここに家長昭博が走り浦和DFマウリシオもついて行くも、パスは合わず。するとこれを見た中村はすぐさまボールのもとへと走り、追いついたのだった。

これが、出し手と受け手の両方を演じた中村の「一人スルーパス」。中村はカバーに入ったマウリシオの股を抜き、最終的には小林悠のゴールをお膳立てしたのだった。

ホームで勝利した川崎だが、中村はブログに「まだ半分終わっただけで何も決まってません」と記し、気合を引き締め直した。埼玉スタジアムでの2ndレグは9月13日(水)に行われる。