秘蔵映像で元恋人の真相に触れたダイアナ元妃

写真拡大

 イギリスのテレビ局『チャンネル4』が 8月6日、『Diana:In Her Own Words(ダイアナ:彼女の言葉)』と題した1時間45分のドキュメンタリー番組を放送した。そこで初めて公開されたダイアナ元妃(享年36)のインタビュー映像が話題となっている。イギリス王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんはこう明かす。

「幸せをつかめるはずと飛び込んだ王室に、誰一人として味方になってくれる人がいなかった…。彼女の孤独、寂しさ、不安がひしひしと伝わってくる内容でした」

 映像はダイアナ元妃がチャールズ皇太子(68才)と別居中だった1992〜1993年頃に撮影されたもので、撮影者はスピーチトレーナーを務めていたピーター・セトレン氏。テープはダイアナ元妃本人が所有していたが、1997年の彼女の死後行方不明に。ところが2001年、警察が元執事のポール・バレル氏の自宅を家宅捜索した際に偶然発見し、押収したことで存在が公になった。

 その後、ダイアナ元妃の遺族とピーター氏の間で所有権をめぐって裁判が争われ、ピーター氏が勝訴。昨年、ピーター氏が『チャンネル4』にテープを売却し、今回の放送に至ったという。

◆すべてを捨ててもいいと思いました

 ダイアナ元妃にとって、心のよりどころはウイリアム王子(35才)とヘンリー王子(32才)の存在だった。結婚2年目の1982年と、それから2年後の1984年に生まれた2人の息子に、母であるダイアナ元妃はあらん限りの愛情を注いだ。乳母が子育てをする王室の伝統にとらわれず、自分の母乳で育てるスタイルに多くのイギリス国民が親近感を覚えた。だが、子宝に恵まれた一方で、チャールズ皇太子との間には埋められない亀裂が入っていた。

「子供を産む前でも、セックスは3週間に1回くらいだった。ヘンリーを産んだ後は完全に途絶えたわ。セックスレスだったの」(ダイアナ元妃のインタビュー映像より、以下同)

 新婚当初から夫婦生活は3週間に1回、ヘンリー王子を産んで8年後に完全に関係はなくなったという。それでも表向きは夫婦仲がいいように見せなければならない。一家4人の仲むつまじさ、夫婦でときおり見せる抱擁などは、すべて見せかけのものだった。皮肉なことに、取り繕う演技だけは夫婦の息がぴったりあった。

 その頃、ダイアナ元妃もまた別の男性との恋路を走ろうとしていた。それが、彼女のボディーガードを務めていたバリー・マナキー氏だった。

「今まででいちばん夢中になった中の1人について話しますね。24か25才だったころ、私は宮殿スタッフのある男性と恋に落ちました。彼は私の人生でいちばんの親友でした。すべてを捨ててもいいと思いました。(中略)彼に思いを寄せていることは、チャールズも気づいていたわ」

 だがマナキー氏は、1987年に解雇されたあと、バイク事故でこの世を去った。

「(彼の死に)最大の衝撃を受けたわ。彼は殺されたのだと思う」

 1992年12月、ジョン・メージャー首相(当時)が夫婦の別居を正式に発表。1994年6月、チャールズ皇太子がテレビのインタビューでカミラ夫人との不倫を告白した。同年11月に発売されたチャールズ皇太子の伝記には、こう綴られている。

《ダイアナのことを、一度も愛したことはなかった》

 それから4年後の1996年8月、離婚確定裁判をもって2人の結婚生活は終わりを告げた。

 苦しみから解放され、ようやく新たな人生の一歩を踏み出した矢先の悲劇だった。1997年8月30日、ダイアナ元妃は、パリを訪れていた。恋人のドディ・アルファイド氏と一緒に乗車したベンツを執拗につけ回すバイクに乗った7人のパパラッチとの時速150kmを超えるカーチェイスの末、車は中央分離帯の柱に激突。その後、トンネルの側壁に激しく叩きつけられた。アルファイド氏と運転手は即死。ダイアナ元妃はまだ息のある状態だったが、大破した車から助け出されるのに1時間以上もかかり、病院に運ばれた時にはすでに心停止の状態。いったんは蘇生したものの、日付が変わって8月31日午前4時、死亡が確認された。

 世界中がその余りにも早すぎる人生の終焉を悲しんだ。

◆スキップ・ア・ジェネレーション

 今回のドキュメンタリー番組は、イギリスでは高視聴率といえる16.4%を記録した。

「放送前から繰り返し予告が流れたことで、イギリス国民の気分はかなり盛り上がっていました。“ぜひ何を語るか知っておきたい”という意見の一方、“2人の王子が傷つく”と、ウイリアム王子とヘンリー王子を心配する声も多く挙がっていました」(前出・多賀さん)

 イギリス国内で、今もダイアナ元妃は絶大な人気を誇る。彼女の忘れ形見であるウイリアム王子とヘンリー王子もまた、亡き母を慕う率直な気持ちを口にしている。ウイリアム王子がキャサリン妃との間に生まれた娘に、「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」と、ダイアナ元妃から名前を取ったことは、その最たる例だろう。

 反対に、チャールズ皇太子とカミラ夫人への風当たりは、もともと逆風だったものが、放送を経て突風にまで勢いを増している。

「今のエリザベス女王の次に王になるべきはウイリアム王子であるという、『スキップ・ア・ジェネレーション』という意見が加速しています。つまり、チャールズ皇太子とカミラ夫人を、王と王妃とは認めないということです」(前出・多賀さん)

 エリザベス女王は現在91才。いつ時代の転機が訪れても不思議ではない。そんな中にあって、没後20年に明かされた彼女の言葉は、まるでチャールズ皇太子への“リベンジインタビュー”のようにずっしりとのしかかる。

 あれから20年──彼女は元夫や息子たちの姿に何を思うのだろう。

※女性セブン2017年9月7日号