サウサンプトンの吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間24日、サウサンプトンは公式ホームページで日本代表DF吉田麻也と2020年まで契約を延長したと発表した。

 吉田は同ホームページで「このクラブを離れる理由はなかった。このクラブに来て5年、つらい時期も楽しい時期も全てを経験してきた。ここは自分の家のように感じるし、クラブと一緒に旅を続ける事が出来て幸せだ。また新しい章が始まる」と喜びを語った。

 吉田は2012年にオランダのVVVフェンロからサウサンプトンに移籍。同クラブでこれまで138試合に出場し7ゴール3アシストを記録している。また今年の4月29日には日本人で初めてのプレミアリーグ100試合出場を記録した。

 ちなみに契約を延長した8月24日は吉田の誕生日でもある。吉田は自身のツイッターで「29歳の誕生日の今日、サウサンプトンと新たに3年契約を延長しました。最高のプレゼントです!みなさんありがとう!」とツイートしている。

text by 編集部