そこが見えてるか…リヴァプールMFワイナルダム、CLでやった「超スルーパス」を見たか

写真拡大 (全2枚)

22日から23日にかけて行われたUEFAチャンピオンズリーグのプレーオフ2ndレグ。

注目の一戦、リヴァプール対ホッフェンハイムの試合はリヴァプールが4-2で勝利し、2戦合計6-3で本戦出場を決めた。

そんなこの試合では、エムレ・ジャンがプロキャリアでは初となる2ゴールを記録。その2点目を演出したパスが素晴らしかった(01:43から)。

2-0とリードし迎えた28分、リヴァプールはアルベルト・モレノの縦パスをロベルト・フィルミーノが落とすと、これにジョージニオ・ワイナルダムがダイレクトで捌く。

一見パスコースがないように思われたが、ワイナルダムにはここが見えていた!

ホッフェンハイムDFのスペースを突く鋭いダイレクトパスでサディオ・マネを背後に走らせると、最後はオーバーラップしてきたフィルミーノのクロスを最後はエムレ・ジャンがしっかりと決めた。ワイナルダムの素晴らしいプレービジョンが生んだ得点であった。

なお、リヴァプールは本大会の組み合わせ抽選会でグループEに入り、スパルタク・モスクワ、セビージャ、マリボルと同組になっている。

画像提供:国内・海外のサッカーを楽しめる!「スカパー!サッカーオンデマンド」