『まんがでわかる 99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』(著:河野英太郎、作画:松浦まどか/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

写真拡大

 シリーズ115万部突破の仕事入門書のコミック版『まんがでわかる 99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ』が、2017年8月10日(木)に発売された。

 お菓子メーカー入社3年目の主人公・白石一美は自分の将来に悩んでいた。来る日も来る日も上司に叱られる日々に、「自分の作ったお菓子で皆に喜んでもらいたい」という夢は遠のくばかり。そんなとき、会社の上司・山本理恵は一美を自分が担当するプロジェクトに抜擢。「目標達成のためには自ら限界を作ってはいけないわ。仕事にはコツがあるの」と伝える。はたして、一美はプロジェクトを無事、成功に導くことができるのか―。

 一美の成長ストーリーを漫画で読める「Story」と、そこで登場するコツをより深く説明する「まとめ」の2本立てから構成される同書。漫画ページでは、実際に仕事のコツが使われているシーンに「コツマーク」をインデックスとして配置。どんな場面で使えるコツなのか、読んでいる途中でより知りたくなれば該当するページを読んでみたり、逆にまとめを読んでいて、もう一度読みたい箇所があれば簡単に読み返すことができる。

「報連相のコツ」「コミュニケーションのコツ」「チームワークのコツ」「会議のコツ」など、仕事をしていく上で基本的かつ大切な要素がたくさん詰まった同書。もっとも簡単で、世界一わかりやすい「仕事のコツ」入門書で、デキる社会人に変身しよう。

河野英太郎(こうの・えいたろう)
1973年岐阜県生まれ。日本アイ・ビー・エム株式会社ソーシャル事業部。東京大学文学部卒業。同大学水泳部主将。グロービス経営大学院修了(MBA)。大手広告会社、外資系コンサルティングファーム等を経験。2002年以降日本アイ・ビー・エム株式会社にて、コンサルティングサービス、人事部門、専務補佐、若手育成部門リーダー、サービス営業などを歴任し、現在コグニティブ技術を活用した人材系ソリューションKenexa(ケネクサ)の日本展開担当。
著書に『99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ』『99%の人がしていない たった1%のリーダーのコツ』、監修書に『世界のエグゼクティブが学ぶ 誰もがリーダーになれる特別授業』がある。

※掲載内容は変更になる場合があります。