亀梨和也主演の24時間テレビドラマスペシャル「時代をつくった男 阿久悠物語」は8月26日(土)夜9:00ごろ放送/(C)NTV

写真拡大

いよいよ2017年8月26日(土)夜6:30に「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(〜翌27日(日)夜8:54、日本テレビ系)がスタートする。

【写真を見る】阿久悠(亀梨和也)を支えた妻・雄子(松下奈緒)の言葉とは!?/(C)NTV

今回の24時間テレビは嵐・櫻井翔、KAT-TUN・亀梨和也、NEWS・小山慶一郎という番組史上初「グループの枠を超えたメインパーソナリティー」に決定するなど、40回目の節目を迎える番組を盛り上げるべく新たな企画をさまざまに用意。

中でも、亀梨が主演を務めるドラマスペシャル「時代をつくった男 阿久悠物語」は、初めて著名人を題材にした作品で、目玉企画の一つに挙げられる。

本ドラマは、日本レコード大賞を5回受賞し、森昌子やピンク・レディーら数多くの大スターを輩出した日本を代表する作詞家・阿久悠の栄光と苦悩の生涯を描いたヒューマン作品だ。

■ ドラマ収録現場を直撃取材!

「週刊ザテレビジョン」は、スタジオ収録に臨む亀梨を取材。亀梨の“挑戦”に立ち会った。

この日亀梨は、敏腕プロデューサー・池沢文男役の八嶋智人やディレクター・吉金章役の和田正人らと、会議で「スター誕生!」を立ち上げる瞬間のシーンを撮影。

昭和を忠実に再現した会議室で、「今までにない番組を作りたい!」という熱意にあふれる男たちのやりとりが展開された。

■ 亀梨が阿久悠を演じる上で意識している事

収録後、亀梨は「『スター誕生!』が生まれる瞬間だし、今ではこんな熱量で会議することはなかなかないから、ゾクゾクしました」と目を輝かせた。

役作りについて聞くと「お芝居をするにあたり、阿久さんの映像を見させていただいたのですが、残された資料は、受賞した時やインタビューを受ける姿で、普段過ごしている姿はなかなかなくて。

表舞台の場面ももちろん“阿久悠”さんであるわけだし、『あの方は表と裏がなくずっと“阿久悠”だった』というお話も聞くのですが、(過去映像に)寄せ過ぎると日常からかけ離れてしまう事もあると思うので、参考にする部分、しない部分と使い分けています。

とはいえ、阿久さん(が主人公)の物語。大人数がいるシーンでも阿久さんに目が行くように(しっかり役を)作るんだけど、ナチュラルにどう演じるかを意識しています」とこだわりは語り尽くせぬ様子。

■ 亀梨が念入りにモニターチェックをした理由

その言葉通り、撮影中、亀梨は「カット!」の声が掛かればモニターに駆け付け、画面を食い入るように全カメラの映像をチェック。八嶋たちと談笑するひと時もあったが、その集中力は途絶える事はなかった。

「実在されていた方ですし、普段のドラマや映画で作り上げるキャラクターと全然違うので、体感として出している表情と映像に映った表情、客観的な印象を見たかった。それこそアングルによって『右から見ると笑っているけど、左から見たら笑ってない』という事もあるから」と、モニターを念入りに確認した理由を明かす。

■ 亀梨が記者に“逆質問”、ストイックな姿勢に脱帽!

そんなストイックに役と向き合う亀梨だが、囲み取材が終わる際、集まった記者たちへ「逆にどうですか? 大丈夫?」と、自分の演技について逆質問。

記者から感想を受け取ると「自信が欲しくて(笑)」とおどけた亀梨。取材に来た報道陣とコミュニケーションを取りつつ、外部の声をリサーチする貪欲さも見せた。

亀梨が「いつもとは違う」と取り組んだこの作品が、どのような形で完成し視聴者へ届けられるのか。24時間テレビ40ドラマスペシャル「時代をつくった男 阿久悠物語」は8月26日(土)夜9:00ごろ放送。