FES☆TIVEが9月3日(日)、東京・赤坂BLITZで「FES☆TIVEワンマンライブ」を開催。インタビューのラストは、そのワンマンへの意気込みを話してもらった

写真拡大

FES☆TIVEが9月3日(日)、東京・赤坂BLITZで「FES☆TIVEワンマンライブ『Brand New FES☆TIVE-#BNF0903-』」を開催する。

【写真を見る】ひなりん(青葉ひなり)、「『やっぱFES☆TIVE楽しい!』って言わせます!!」と自信満々?

大きな舞台でのワンマンライブを控えたFES☆TIVEの坂元由奈、汐咲玲亜、青葉ひなり、桃原ひよ、鈴木ことね、鈴木みつき、白石ぴあの、真野彩里愛にインタビュー。

最後は、ワンマンライブへの意気込みなどについて話してもらった。

■ ワンマンは「夏のイベントの集大成に!」(れいあん)

――では、この辺でワンマンの話をしますか? 今回は“Brand New FES☆TIVE”と銘打っていますが、前回の4周年ワンマンとの違いとか、何か考えている事はありますか?

汐咲:今回は時間が長いので、曲の数がめちゃくちゃ多いです。

桃原:いつもより長いワンマンライブ!

青葉:1時間以上長いんだっけ?

汐咲:多分、いつもより1時間以上長いんじゃないかなっていうくらい。普段は平日が多くて、平日に来られる方に合わせると開演が遅くなっちゃうんですけど、今回は日曜日なのでいつもより早い時間から始めて、長い時間やります。

青葉:早い時間だと、自分の体が起きるか心配。

汐咲:さすがに夜6時じゃ起きるでしょう。

青葉:6時!? 夜8時くらいじゃないと、体が覚醒しないからなー。

坂元:早くから起きてようよ。

桃原:今からリズムを作っておけば?

青葉:リズム?

――どんなライブにしたいとかありますか?

坂元:去年と違う私たち!みたいな感じです。

汐咲:いっぱいあった夏のイベントの、集大成を見せられたらなって。

青葉:「TIF」とか「@JAM」とか大きいステージで積み上げてきて、それを全部出したいですね。「成長した?」みたいな部分を、新しいFES☆TIVEとして見せたいなと思います。

坂元:ひと夏で成長したFES☆TIVEを!

■ こっとん「今回は、悔しい思いを絶対にしたくない!」

――では、ワンマンに向けてメッセージをお願いします。

鈴木(こ):「『行けばよかった』っていう後悔をしないように!」っていう告知画像があるんですよ。本当にそのとおりで、そのライブはその日しかないし、その時の私たちを絶対に見逃さないでほしいっていう強い思いがあるので、絶対に来てほしいです!

前回のワンマン後のインタビューで話したんですけど、ワンマンに来てくれた人は「楽しかった」って言ってくれたけど、一方でワンマンまで足を運んでくれる人がいなかったことが悔しかったっていう思いもあって…。

今回はそんな悔しい思いを絶対にしたくないし、こっちも気合を入れて準備していくので、皆さんも見逃さずに9月3日は赤坂BLITZに足を運んでくれたら嬉しいです。絶対に楽しませるので、絶対に来てください!!

■ ひなりん「『やっぱFES☆TIVE楽しい!』って言わせます!!」

青葉:この前のワンマンは平日だったけど、今回は休日なので「平日だから、これくらいかな…」っていう言い訳は私たちもできないというか。休日だから、前よりは絶対に人をいっぱい集めたいなって思ってて。

赤坂BLITZは本当に大きくて、対バンライブとかで出てても、FES☆TIVEのお客さんがたくさん来てくれたとしても、それでも少ないなって思えるくらい大きい会場なので…。それでも、「やっぱFES☆TIVE楽しい!」って言わせます!!

■ ひよちゃん「『行ってよかった!』ってみんなに思ってもらいたい!」

桃原:今回は日曜日ということで、日曜日だからこそ、5月にやったワンマンは平日だったから「俺、平日行けないんだよ」って言った人は絶対に来てほしいし、「休日だったら行くのに…」って言った人はそこまで言ったんだから絶対に来てほしいです!(笑)

「日曜日も仕事だから」っていう人もいっぱいいると思うけど…。日曜日なので、地方の人は来やすいのかなと思います。今までのワンマンで1番大きい会場だから、絶対にFES☆TIVEが好きな人だけで埋めたいですね。

大きいな会場をいっぱいにして、私たちも最高のパフォーマンスを見せたいし、「行けばよかった」っていう後悔は絶対にしてほしくないです。

「行ってよかった!」ってみんなに思ってもらいたいので、まずはワンマンライブに来てもらいたいです!

■ ぴあのちゃん「全員をFES☆TIVE色に染めたい!」

白石:新メンバーはワンマンライブが2回目になるんですけど、1回目の時はまだ入って2カ月くらいで、「駆け足で曲を覚えてワンマン!」っていう感じだったので、自分のことでいっぱいいっぱいでした。

でも、もうだいぶライブで場数を踏んだし、新メンバー2人は「先輩に追いつかなきゃ」「追い越さなきゃ」っていう気持ちでやってきたので、その成長を見てほしいです。

この8人でしかできない、夏のお祭りのドンチャン騒ぎとか、お祭り特有のちょっと切ない感じとか、見せられるところは見せたいですね。

お客さんの中には、FES☆TIVEが好きで来てくれる人もいるし、「日曜日なら行ってみようかな」みたいな、まだFES☆TIVEあんまり見たことない人とか、名前だけ知ってるっていう人もいると思うので、この8人でしかできない事を見せて、その人たち全員をFES☆TIVE色に染めたいです。「会場全体がお祭り!」みたいな感じになってもらいたい!

■ みっき「大切な日なので、少しでもたくさんの人と過ごしたい!」

鈴木(み):今回は日曜日開催ということもあるし、ワンマンやってきた中で1番大きな会場だから「どれくらい人が集まるかな?」とか不安なところもあるけど、その分すごい楽しみですね。

ライブは1つ1つ大切なんですけど、こういうワンマンっていう区切りになるライブっていうのは、より大切な日になると思うので、そういう大切な日を少しでもたくさんの人と過ごして、「楽しかった!」「良かった!」って思ってもらえるパフォーマンスを、この8人でするつもりでしかないです!

この日は確実に皆さんに来てもらいたいな!って思うので、ぜひよろしくお願いします。

■ れいあん「期待に応えられるようなワンマンに!」

汐咲:さっきも言ったように、ひと夏で成長した私たちを見せるのもちろん、「TIF」のメインに出させてもらったりとか、大きいコラボとかやらせてもらったりとか、これまでとは多分みんなの見る目も変わってくると思うんですよ。

「『TIF』のメインに出るようなグループ!」っていう目で見られてると思うし、期待もその分あると思うので、その期待に応えられるようなワンマンにできたらいいなと思います。

■ 真野ちゃん「FES☆TIVEの楽しさを知ってください!」

真野:前回のワンマンライブは、新メンバーが入って8人で“新しいFES☆TIVE”っていう感じだったんですけど、今回は“夏で成長した新しいFES☆TIVE”っていうところを見せたいです。

来てくれる人の中には、あんまりライブに来ない人もいると思いますが、そういう人たちにもFES☆TIVEの楽しさを知ってもらって、「また来たいな!」って思ってもらえるようなワンマンライブにしたいと思います。ぜひ来てください!

■ ゆなぴこ「盛り上がるだけじゃなく、自分たちの世界観に引き込めるようなパフォーマンスをしたい!」

坂元:みんなが言ったとおり、平日っていう言い訳ができないワンマンっていうのと、「ワンマンだから会場をいっぱいにする!」っていう目標はもちろん、「TIF」でメインステージに立ったグループとして「いっぱいにしなきゃ!」っていう感じもあります。

実は、物販に来てくださった方の中に、前回のワンマンの存在を知らない人がいたんですよ。だから、今回はそういう事がないように告知も必死にやってるし、もっとやらなきゃいけないなって思います。

FES☆TIVEを知ってる人が前回のワンマンより確実に増えてると思うから、「どのグループのライブよりも、優先して正解だった!」とか思ってもらえるようなワンマンにしたいし、そのために今準備をしています。

初期メンバーは5年目に突入してて、いい意味でフレッシュ感がなく、ベテラン感が出てきちゃってるからこそ、この4年間で積み重ねてきた物をワンマンでちゃんと発揮しなきゃいけないと思うんですよ。

FES☆TIVEって、他のアイドルさんよりワンマンのスパンが短いんですけど、だからこそこの短い間でこんなに成長してるし、これからもするよっていう、そういう「スゲー!」って口を開いちゃうような、盛り上がるだけじゃなく、自分たちの世界観に引き込めるようなパフォーマンスをしたいです。

今回は曲数も多くやるから、知らない曲もあるかもしれないけど、その曲でも1回見て「すごく良い曲!」「もっと聴きたい!」って思ってもらえるようなパフォーマンスを全力でみんなでやって、その時にしか生まれない世界観、空気感、一体感を出して、「FES☆TIVEを応援したい!」って思ってもらえる、最高のワンマンにしたいです。

一同:ワッショイ!!