北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防相を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、宋氏が「朝鮮人民軍戦略軍のグアム包囲射撃方案に対して『そんなことは絶対に起こりえない』だの、『誤判』だの、『断固たるよう懲に直面することになる』だのと言って、対決のほらをまたもや騒がしく吹いた」と非難した。

また、「宋永武のようにカカシ軍隊の首長の席につくやいなや、米国上司らの眼鏡にかなうために虚勢に浮ついて対決妄動を振るう者はかつていなかった」と指摘した。

そのうえで、「もし、かいらい軍部好戦狂らが変化したわれわれの戦略的地位を忘却したまま、いまだに気を確かに持てずに同族対決の妄動を振るうなら、犯した罪悪によってわが軍隊の最初の標的になる不遇な境遇を免れられなくなるであろう」と警告した。