北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は23日、日本の国会議員が靖国神社を参拝したことを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

今月15日の終戦の日に合わせて超党派の議員連盟に所属する国会議員63人が集団参拝した。一方、安倍内閣の19人の閣僚は1人も参拝しなかった。

論評は、「歴代日本の極右反動分子らが靖国神社を日本の国民に軍国主義思想を吹き込む拠点に利用してきた」と指摘した。

また「軍国主義亡霊に誘惑されて同所でA級戦犯らと心中のせりふを交わしながら再侵略を夢見る日本政客らの妄動こそ、正義と平和を志向する人類に対する我慢できない冒とく、愚弄だ」と非難した。

さらに、「日本の憲法改悪と再侵略は、時間の問題となっている」とし、「日本の当局者らが恥ずべき過去史を忘却し、無分別にのさばっていれば火取り虫の境遇を免れられないということをはっきり銘記すべきだ」と警告した。